日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

納豆特集2015.03.16 11153号 06面

“健康食”として認知定着 14年の市場規模1977億円、3年連続で伸長

印刷
Facebook
2015.03.16 11153号 06面


 発酵食品への注目度が増す中で、納豆市場が上向いてきた。健康機能性の積極的な訴求は消費者の関心を高め、メーカー各社が提案するユニークな納豆レシピが新たな食シーンを生み出した。業界団体や自治体では各種プロモーションを積極的に展開。鑑評会や納豆早食い大会など、消費拡大に向けた取組みを行っている。海外進出プロジェクトも進み、その動向が注目されている。(涌井実)

 全国納豆協同組合連合会によると、2014年の納豆の市場規模は1977億円(前年比0.8%増)だった。原料大豆の年間消費量は・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 展示会で「豆乃香」を売り込む茨城県の納豆メーカー関係者ら 茨城県、「豆乃香」売り込み ネバらない納豆、海外展開に手ごたえ(2015.03.16)

     茨城県と県内納豆メーカーは、共同開発した糸引きの少ない納豆の海外展開を進める。外国人に受け入れられるよう納豆特有の粘りを抑え、「豆乃香(まめのか)」という統一ブランドで商品化した。栄養価が高い日本の代表的な発酵食品として売り込み、料…

  • 最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞した「国産大粒 つるの子納豆」 第20回全国納豆鑑評会 “日本一”に菅谷食品「国産大粒つるの子納豆」(2015.03.16)

     全国納豆協同組合連合会が主催する「第20回全国納豆鑑評会」がこのほど茨城県水戸市で開催され、“日本一の納豆”に菅谷食品(東京)の「国産大粒 つるの子納豆」が選ばれた。

     鑑評会は納豆の製造技術の改善と品質の向上を目指し、…

  • 一心不乱に納豆をかき込む参加者たち 水戸で納豆早食い世界大会 100分の1秒の戦い!老若男女150人以上が参加(2015.03.16)

     2月28日に茨城県水戸市で「第14回水戸納豆早食い世界大会」が開催された。外国人7人を含む16~60歳の男女150人以上がエントリーし、納豆の早食い“世界一”の座を争った。

     予選は男性が400g(納豆90gとご飯310…

  • 主要メーカー最新動向=タカノフーズ(2015.03.16)

     ●強い「おかめ納豆」ブランド 需要の裾野拡大に力

     業界のリーディングカンパニーであるタカノフーズは、主力商品の「極小粒」シリーズをベースに、フレーバーにこだわった商品やひきわり納豆、丸カップ入り納豆などラインアップを強…

  • 主要メーカー最新動向=Mizkan(2015.03.16)

     ●「金のつぶ」「くめ納豆」存在感を高める 食シーン提案でシェア拡大狙う

     Mizkanの納豆カテゴリーにおける14年度(14年3~15年2月)の業績は、ほぼ前年並みで着地する見込み。ここ数年売上げは堅調に推移し、業界での…

  • 主要メーカー最新動向=あづま食品(2015.03.16)

     ●価値重視の商品施策 「有機そだち」シリーズ拡販

     1950年の創業以来“納豆一筋”を貫くあづま食品は、価格より価値を重視した商品施策を進める。安全・安心にこだわった有機納豆を中心に、生産者の顔が見える特別栽培大豆納豆、…

  • 主要メーカー最新動向=太子食品工業(2015.03.16)

     ●関東での健闘目立つ 「北の大豆」の定着目指す

     太子食品工業の納豆の販売実績は、上振れ傾向にある。東北地方に強い地盤を持つが、今期は関東エリアでの健闘が目立った。東北では創業当時からの味を守る「太子納豆」ブランドを軸に…

  • 主要メーカー最新動向=ヤマダフーズ(2015.03.16)

     ●潜在ニーズを深耕 新商品開発にも注力

     業務用納豆で高いシェアを誇るヤマダフーズは、バラエティーに富んだラインアップで消費者の潜在ニーズを掘り起こし、納豆需要の拡大を目指す。病院や介護施設での給食や在宅介護サービスでの…

  • 主要メーカー最新動向=こいしや食品(2015.03.16)

     ●加工品で需要拡大 ハラール認証取得も話題

     こいしや食品は地元・栃木県や生産者と連携し、地域に根差した商品展開を進める。鑑評会などで高く評価された納豆だけでなく加工品の販売も行い、需要の裾野を広げていく。14年11月に…

  • 主要メーカー最新動向=金砂郷食品(2015.03.16)

     ●自社ブランド品強化 こだわりの商品を展開

     茨城県常陸太田市に本社工場を構える金砂郷食品は自社ブランド商品を強化し、市場での定着を図る。これまではOEM生産や小売業のプライベートブランド(PB)の製造が多かったが、こだ…