日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

即席味噌汁特集2018.04.16 11689号 06面

17年販売額は654億円 18年も市場は拡大傾向

印刷
Facebook
2018.04.16 11689号 06面



 即席味噌汁の需要拡大が続いている。富士経済の調べによると、17年(1~12月)の即席味噌汁の販売数量は2万0100t(前年比4.1%増)、メーカー出荷ベースの販売額は654億円(同4.1%増)に達し、いずれも過去最高を更新したと推測される。今後数値が落ち込む要因は見当たらず、引き続き一定の需要が見込めそうだ。18年の販売量は2万0850t(同3.7%増)、販売額は677億円(同3.5%増)と予想されている。(涌井実)

 ●品質・簡便性でリピーター増 個食対応にシニア層評価

 家・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 17年POSデータ分析=永谷園・マルコメ 2強の牙城揺るがず(2018.04.16)

     日本食糧新聞社が販売を代理するPOSデータ(KSP-SPが独自に集計ならびに流通システム開発センターを通じて収集された約150社1020店舗から構成されたデータ)を分析し、2017年(1~12月)の即席味噌汁・お吸い物の売上げランキ…

  • 春夏新商品=既存品強化で“守りの姿勢”(2018.04.16)

     大手メーカーを中心に春夏の新商品が出揃った。大型商品は見当たらず、実績のある既存シリーズを強化する動きが目立つ。新たなブランドを立ち上げる攻めの商品施策は影を潜め、既存商品をブラッシュアップする “守りの姿勢”を貫くメーカーが多いよ…

  • 主要メーカー動向=アサヒグループ食品 主要3ブランドけん引(2018.04.16)

     アサヒグループ食品は、主要ブランドの底上げを進め、個食対応したフリーズドライ(FD)味噌汁市場の活性化を図る。前12月期のFDカテゴリー売上げは119億円(前年比8%増)。主要3ブランドが売上げを大きく伸ばした。

     今期…

  • 主要メーカー動向=イチビキ 結果出した3種6商品(2018.04.16)

     イチビキの18年3月期の即席味噌汁は、収益改善を命題に、アイテム数を絞り込み、価値訴求型商品に注力するという16年3月期からの基本方針を継続しつつ、3種6SKUの新商品を発売した結果、売上げは前年を上回った。

     昨年7月…

  • 主要メーカー動向=神州一味噌 大容量・プレミアム貢献(2018.04.16)

     神州一味噌は、大容量とプレミアムタイプの商品が売上げに貢献。17年度の即席味噌汁カテゴリーは前年比4%増で、業績は増収増益で着地した。18年度はリニューアルしたカップ味噌汁を積極的に売り込み、売上高2桁増を狙う。

     17…

  • 主要メーカー動向=永谷園 「あさげ減塩」加え増収(2018.04.16)

     永谷園は、前3月期の売上げを前年比微増させたとみられる。

     トップブランドである「あさげ」の減塩商材が好評を博した。人気のフリーズドライ(FD)ブロックは留め型品を大幅に伸ばし、NBも「おみそ汁の大革命 野菜いきいき」な…

  • 主要メーカー動向=ひかり味噌 好発進「ふぅ」定着狙う(2018.04.16)

     ひかり味噌の18年9月期の中間業績は、売上高で8%程度の伸び。即席味噌汁カテゴリーでは、17年3月に発売した「みそ汁ふぅ」シリーズが好発進、中でも30食タイプが「大きく貢献している」(林善博社長)。

     業界に先駆けた化学…

  • 主要メーカー動向=ハナマルキ 加工売上げ100億円へ(2018.04.16)

     ハナマルキは、カップ味噌汁や健康訴求系の味噌汁が好調に推移し売上げを大きく伸ばした。創業100周年を迎える18年は、即席味噌汁や塩麹を含める加工品カテゴリーで過去最高の100億円の売上げを目指す。

     17年(1~12月)…

  • 主要メーカー動向=マルコメ 需要二極化を捉え好調(2018.04.16)

     マルコメの12~32食の徳用・大容量シリーズ、カップやFDの個食タイプが好調。

     「普段使いでお得感を求める層と、一食100円以上でも満足を求める層。需要の二極化を筆頭に、いろいろなシーンで『味噌汁があった方がいい』とい…