日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

生麺・冷凍麺特集2017.09.08 11587号 05面

「簡便」「健康」が進展 本格・個食対応へ展開

印刷
Facebook
2017.09.08 11587号 05面

 今年度上期の市販用生麺市場は、7月の猛暑、8月の天候不順でボリュームの大きい冷やし中華を中心に夏物商品の浮き沈みが激しく、市場全体も停滞基調が続いている。その中で大手メーカー各社が秋冬商戦に向けた商品戦略を打ち出している。

 今シーズンもここ2~3年の流れの中で簡便・健康をコンセプトとした新商品の提案強化による市場活性化を目指すと同時に生麺本来のおいしさを基軸とした本格ラーメン、さらに個食対応の新商品提案も各社からラインアップされ、これらカテゴリーごとの攻防が注目される。

 一・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 需給動向=上期生産量前年比7.0%増 家計消費は停滞(2017.09.08)

     食品需給研究センターが発表した17年度上半期(1~6月計)の生麺類生産量(原料小麦粉使用量)は33万5168t、前年比7.0%増で推移。種類別では、生産ウエートの大きいうどん(ゆで麺)が前年比9.3%増、中華麺(生麺)が同0.6%減…

  • 天候不順で今年の冷やし中華は浮き沈み 市場動向=9月以降、生ラーメンの回復に期待(2017.09.08)

     今年度上期の市販用チルド麺総需要(金額ベース)は、4~7月累計で前年比2.2%減で推移している。カテゴリー別では、ラーメンが3.8%減、冷やし中華が0.6%減、焼そばが2.5%減、和物が2.2%減と全カテゴリーでマイナスとなっている…

  • 主要各社動向=シマダヤ 3K軸に商品展開(2017.09.08)

     ●「かんたん鍋焼麺」高評価

     シマダヤの今年度第1四半期(4~6月)の業績は、単体売上高100億5000万円(前年比2%増)、経常利益6億円(同6%増)、連結ベースでは売上高103億4000万円(前年比2%増)、経常利益…

  • 主要各社動向=日清食品チルド 強み強化、弱み克服(2017.09.08)

     ●日清のラーメン屋さん全面刷新

     日清食品チルドの今年度上期の販売実績(17年4~7月累計)は前年比2%増で推移、カテゴリー別では、ラーメンが前年並み、冷し中華が5%増、焼そばが5%減、和物が2%増となっている。ラーメン…

  • 主要各社動向=日清食品冷凍 単身者ニーズ対応(2017.09.08)

     ●日清炒め技など新ブランドを

     日清食品冷凍の今期冷凍麺類販売状況は、17年4~7月累計で主力のラーメンとパスタが前年同期比2桁増、和物と焼そばはやや前年割れ、トータルでは2桁近く伸長し、このペースで上期着地を見込んでい…

  • 主要各社動向=東洋水産(冷凍麺) 「のれんめぐり」柱ブランドへ育成(2017.09.08)

     東洋水産の今期4~7月累計の冷凍食品(冷凍麺・調理品の業務用、家庭用トータル)の販売状況は、前年比100%強で推移している。17年度秋冬の商品戦略は、業務用ついては基本的には引き続き冷凍麺中心に展開、調理品では麺回り商材を拡充。居酒…

  • 主要各社動向=テーブルマーク 冷凍麺の価値訴求(2017.09.08)

     ●GO!GO!プロジェクト今秋からスタート

     テーブルマークは、冷凍食品市場のパイを広げるため選択と集中の中で家庭用および業務用冷凍うどんの徹底強化を推し進めている。家庭用は今春の新商品「稲庭風うどん3食」が従来商品に比…

  • 主要各社動向=東洋水産(生麺) 「コクの一滴」注力(2017.09.08)

     ●拡大する内食需要狙う

     東洋水産の今年度上期の生麺類販売状況は、全体で前年比1~2%上回っている。主力の焼そばは2食タイプの新製品「マルちゃん焼そば極み太麺」がオンし、既存の3食も堅調に推移しているため順調に推移してい…

  • 大阪工場外観 キンレイ工場リポート 新しいステージへ挑戦 大阪新工場が稼働(2017.09.08)

     キンレイは、これまでの経験を生かし、今後必要な品質レベルに向けた最新鋭設備と同社のポリシーである手仕事の部分を残しながら省力化、安全・安心、さらに環境にも配慮した冷凍麺新工場として大阪工場を建設し、このほど本格稼働を開始した。8月2…