日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

即席麺特集2018.07.30 11738号 05面

持続的成長に向け勝負どころ 17年度総需要、3年連続過去最高

印刷
Facebook
2018.07.30 11738号 05面


 即席麺業界は、全国的に厳しい猛暑の中で勝負どころの秋需商戦に向けてスタンバイしている。17年度は3年連続の総需要拡大によって各社の業績も好調に推移したが、この猛暑が市場の伸びにブレーキを掛けるのか、それとも各社の周年商品施策や新価値提案商品を中心とした商品戦略やプロモーション展開が需要を刺激し、持続的成長につながるのか、下期に向けて市場動向から目が離せない。一方で主原料の小麦粉や物流コストの上昇などコストプッシュが強まるなかで極端な特売価格の抑制、標準小売価格と実勢売価の乖・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=日清食品 若年向け新価値提案(2018.07.30)

     ●「チキンラーメン」60周年

     日清食品ホールディングスの18年3月期連結決算は、売上高が国内・海外ともに過去最高を更新して5164億円(前年比4.2%増)と5000億円の大台を突破した。利益面では、営業利益が341億1…

  • 主要メーカー動向=サンヨー食品 袋麺、夏の需要創出へ(2018.07.30)

     ●「みそラーメン」50周年

     サンヨー食品グループの18年3月期売上高は、1722億1000万円(前年比2.0%増)、経常利益は210億4400万円(同34.8%増)で着地。このうちサンヨー食品本体の売上高は780億14…

  • 主要メーカー動向=東洋水産 主力・エリア戦略強化(2018.07.30)

     ●40周年の「赤いきつね」

     東洋水産の18年3月期連結決算は、売上高3887億9700万円(前年比1.6%増)、営業利益266億5200万円(同9.6%減)で着地した。その中で国内即席麺事業は、売上高1290億0800…

  • 主要メーカー動向=明星食品 皿型商品の強化方針(2018.07.30)

     ●「中華三昧」若者へ訴求

     明星食品の18年3月期業績は、売上高414億8700万円(前年比2.2%増)、営業利益20億5600万円(同15.2%増)で着地した。袋麺ではバリカタ麺が特徴の「明星 ノンフライチャルメラ 豚…

  • 主要メーカー動向=エースコック 「モッチッチ」が貢献(2018.07.30)

     ●「スーパーカップ」勝負

     エースコックの18年上期(1~6月累計)即席麺類売上高は、前年比4.2%増で着地した。昨年末に発生した兵庫工場の事故によって1、2月に休売商品があったが、それを3~5月で乗り切りカバーし、さら…

  • 主要メーカー動向=まるか商事 上期20%増のペース(2018.07.30)

     ●通期は170億円台へ

     まるか商事(まるか食品)の18年3月期売上高は、約140億円(前年比約3%減)で着地した。柱商品の「ペヤング ソースやきそば」レギュラーおよび「ペヤング ソースやきそば超大盛」は堅調に推移して前…

  • 主要メーカー動向=ヤマダイ 「凄麺」シリーズ30品(2018.07.30)

     ●新工場、11月一部稼働

     ヤマダイの18年3月期売上高は約99億円(前年比2%減)で着地した。18年度は、本社敷地内でノンフライカップ麺の新工場建設を進め、今年11月ごろに第1期工事が完了し、一部稼働開始する予定となっ…