日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

パスタ・パスタソース特集2018.08.24 11751号 05面

競争力強化で環境変化へ対応 戦略再構築と多様な商品軸に

印刷
Facebook
2018.08.24 11751号 05面

 「今後、日・EUのEPA(経済連携協定)発効を受けて国産パスタの良さをさらにアピールし、会員8社がそれぞれの個性を生かした事業戦略に基づき競争力を強化していくことが重要である」と、日本パスタ協会の高浜雄司会長は5月29日に開催された通常総会後の記者懇談会で国産パスタ業界の方向性を語った。

 需給面では17年度(1~12月計)のパスタ国内供給量は、前年比1.9%増の28万3603t、国内生産が0.5%増とやや回復に転じたが、基調としては輸入品の増勢に押された格好で17年度の輸入・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • パスタ需給動向=18年上期国内供給量4.4%減 輸入比率2ポイント低下(2018.08.24)

     日本パスタ協会が発表した18年度上半期(1~6月計)のパスタ国内供給量は、前年比4.4%減の13万5956tで推移している。このうち国内生産量(8社合計)は、6万6714t(前年比0.5%減)、輸入量は6万9510t(同7.9%減)…

  • メニューの多様化が進むパスタソース パスタ市場展望=簡便、本格、健康を 新提案商品の展開が鍵(2018.08.24)

     今年度上期(4~6月)のパスタ&パスタソースの小売市場は、パスタが前年比2%強のマイナス、パスタソースが同2%強のプラスで推移したものとみられる。パスタソースについては、個食需要に向けたあえる系ソースや1人前レトルトソースを中心に各…

  • 主要各社動向=日本製粉 良い勢い維持拡大(2018.08.24)

     ●「REGALO」を拡充

     日本製粉の家庭用パスタカテゴリーは、パスタソースが前期に引き続き好調に推移している。プレミアム・パスタブランド「REGALO(レガーロ)」の1人前レトルトソースが新たなジャンルとして大きく貢献…

  • 主要各社動向=日清フーズ ブランド認知向上(2018.08.24)

     ●「青の洞窟」シリーズで新展開

     日清フーズの家庭用常温パスタカテゴリーは、今秋の新製品として9品(パスタ1品、パスタソース8品)、リニューアル品として6品(パスタソース2品、マカロニグラタン4品)を20日から上市した。…

  • 主要各社動向=コルノマカロニ 過去最高の生産量(2018.08.24)

     ●専業として価値高まる

     コルノマカロニは、日本でも数少ないパスタ専業メーカーとして存在価値が高まっている。ロングパスタ、シュートパスタでさまざまなタイプの製品を加工品メーカーおよび流通企業に提案し、OEM生産が年々増加…

  • 主要各社動向=モンテ物産 今秋にグラニャーノ産有機パスタ2品(2018.08.24)

     モンテ物産は今秋、オーガニックの需要増に伴い「ディ・マルティーノ」の有機パスタ2品を上市する。パスタ発祥の地、南イタリア・グラニャーノ産の有機パスタは市場では珍しく、業務・家庭用両市場で販売の予定。18年上期(1~7月)パスタの販売…

  • 主要各社動向=エスビー食品 「まぜるだけ」30周年で提案強化(2018.08.24)

     エスビー食品の17年度のパスタソースは前年比6.1%増75億2000万円となり、好調に推移した。「まぜるだけ」シリーズは同7.7%増、「予約でいっぱいの店」シリーズが同3.1%増と主力品群が前年を上回った。今第1四半期も商品群の動き…

  • 主要各社動向=はごろもフーズ 「CarbOFF」育成、新たに第3弾(2018.08.24)

     はごろもフーズの第1四半期(18年4~6月)パスタ・パスタソース事業は、マカロニ製品が減少するが、糖質オフシリーズ「CarbOFF」が増加し、前年微減で推移した。足元ではマカロニ製品は回復基調にあり、結束パスタのパイオニア「ポポロ」…

  • 主要各社動向=昭和産業 伸びる「蒟蒻効果」(2018.08.24)

     ●配荷・リピート共に順調

     昭和産業の家庭用パスタカテゴリーの今年度第1四半期(4~6月)販売状況は、ほぼ前年並みで推移している。物量ベースでショートパスタが約3%増、ロングパスタが約1%減となっている。昨年秋から新発売…

  • 主要各社動向=ピエトロ 「おうちパスタ」が好調(2018.08.24)

     ●時短ニーズマッチ

     【九州】洋麺屋として長い歴史を持つピエトロ。同社の主力ブランドが、「おうちパスタ」だ。前身は2000年に発売した「スパドレ」。今春に「おうちパスタ」へ刷新した後は、売上げが前年比約2倍伸びて推移して…

  • 主要各社動向=キユーピー 「あえるパスタソース」PRが奏功(2018.08.24)

     ●2桁伸長で推移

     キユーピーの家庭用パスタソースカテゴリーは、主力の「あえるパスタソース」を中心に順調に推移している。ただ、ミートソース缶については、7月に発生した西日本豪雨の影響で、資材の製造を委託するメーカーが被害…

  • 主要各社動向=日欧商事 好評な有機結束パスタ(2018.08.24)

     ●「ソル・レオーネビオ」提案を継続

     日欧商事のソル・レオーネとプレミアムラインのソル・レオーネビオ(オーガニック)の提案を継続する。特にソル・レオーネビオ(レッドラベル)の500gで、有機の結束パスタは今年の新商品とし…

  • 生産能力月産1000tのイタリア製自動パスタマシーン ニューオークボ 新体制で次なる成長 新商品積極開発図り拡販強化(2018.08.24)

     日本における生パスタのパイオニア企業であるニューオークボは、創業者である伊藤敏光前社長が17年5月15日に死去、「世界一おいしいパスタ作りを目指す」という生前の伊藤氏の企業理念を受け継ぎ、17年7月1日に現在の出嶋美智子社長が就任し…

  • 第1弾「ごちそう生パスタ」のPOP ゆであげ生パスタ専門店「ポポラマーマ」 素材にこだわり(2018.08.24)

     ゆであげ生パスタ専門店「ポポラマーマ」は、素材にこだわった「ごちそう生パスタ」第1弾として、花畑牧場の生モッツァレラを使用した「花畑牧場・十勝産まるごとブラータのポモドーロ」を1日から数量限定で提供している。