日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

災害食特集2017.07.12 11557号 08面

災害時の食 あるべき被災地支援

印刷
Facebook
2017.07.12 11557号 08面

避難所の体験(2016大会)
避難所の体験(2016大会)

 東日本大震災、熊本地震などの被災地支援の中から見えてきた課題を検証し、問題点の分析と解決策を探る日本災害食学会の継続した活動が行われている。その一つに「災害時要配慮者」支援がある。妊産婦・乳幼児、高齢者、食物アレルギー、高血圧、糖尿病、腎臓病、難病などの病態にある患者を支える食の提供だ。2011年に発生した東日本大震災、16年の熊本地震発生時に各地から提供された支援物資が必要なところにうまく届けられなかった問題。これは、行政の栄養や食形態のコントロールを必要とする被災者対応・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 新潟大学危機管理室・防災復興科学センター 田村圭子教授 新潟大学危機管理室・防災復興科学センター 田村圭子教授に聞く(2017.07.12)

     危機管理・災害福祉を専門領域とする新潟大学危機管理室・防災復興科学センター田村圭子教授。内閣府、国土交通省、文部科学省、経済産業省などの専門家会議や諮問委員会などで災害福祉の重要性を訴えてきた。政府と地方自治体、企業をつなぎ、被災地…

  • 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター 藤村忍事務局長 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター・藤村忍事務局長に聞く(2017.07.12)

     ●フードメッセ おもいやり災害認証制度紹介

     日本災害食学会は公式ホームページでの発信、研究会やシンポジウムの開催、専門展示会でのPRなど、さまざまなチャネルを使って学会の活動を伝えてきた。その取組みの中でも重要なのが学…

  • 日本災害食学会 門脇基二会長 日本災害食学会・門脇基二会長に聞く 災害食の重要性認知向上へ(2017.07.12)

     今春新潟大学副学長を退任し、新潟工科大学副学長・理事に就任した日本災害食学会会長の門脇基二氏に、同学会の活動と災害対策における食への取組み、あるべき被災地支援と災害リスク軽減の考え方を聞いた。(山田由紀子)

  • メーカー動向=上野砂糖 5年間の長期保存可能「災害備蓄用焚黒糖」(2017.07.12)

     上野砂糖の、5年間長期保存可能な「災害備蓄用焚黒糖」(写真)は、成形された一口タイプで、加熱や水なしで手軽にエネルギー補給できる。高カロリーで、腐敗の心配がなく長期保存が可能、アレルギー発症がない砂糖の特性を生かしている。災害備蓄用…

  • メーカー動向=アルファー食品 備蓄用「安心米」展開(2017.07.12)

     アルファー食品は、独自の技術力を生かしたアルファ化米を主軸に、備蓄用だけでなく、学校給食用・家庭向け・業務用と、多様な市場に向けた商品を展開し、コメの消費拡大に努めている。

     備蓄用の個食タイプでは「安心米」シリーズを展…

  • メーカー動向=サタケ 炊き出し用が好評価「マジックライス」(2017.07.12)

     サタケの災害用非常食「マジックライス」シリーズ(写真)は、5年間の長期保存が可能で、お湯を注いで15分、水なら30分で炊きたての状態に戻り、非常時でも粒感のあるおいしいご飯が食べられる。注水量を変えることで、ご飯と雑炊の「食べ方2通…

  • メーカー動向=尾西食品 コンパクトで便利「にぎらずにできる!携帯おにぎり」(2017.07.12)

     災害食用アルファ米のトップメーカー尾西食品(亀田製菓の全額出資子会社)は、アルファ米主力商品「ごはん」シリーズ(小袋タイプ、炊き出しセット)ほか、「パン」シリーズ、「ミルクスティック」など主食からおやつまで幅広く取り揃えている。災害…

  • 日本災害食学会・奥田和子顧問に聞く 災害弱者に着目(2017.07.12)

     自然災害が頻発する一方、進む高齢化や乳幼児を中心とした食物アレルギーの増加--熊本地震を契機に、こうした災害弱者の存在がクローズアップされた。そこで、甲南女子大学名誉教授で日本災害食学会顧問の奥田和子氏は、熊本地震による災害食の現状…