日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

包装米飯特集2018.09.21 11766号 05面

無菌米飯、8年連続プラス 生活の変化が追い風、常備・日常食に

印刷
Facebook
2018.09.21 11766号 05面

絶好調の包装米飯売場。今後さらなる成長も見込める
絶好調の包装米飯売場。今後さらなる成長も見込める

 レトルトや冷凍を含む包装米飯(加工米飯)市場の17年は、生産量ベースで7.6%増と伸長した。そのうち、パックご飯を意味する無菌包装米飯に関しては、8年連続伸長を示現。佐藤食品工業が30年以上前にゼロから切り開いた市場は、650億円規模となったもようだ。非常用に常備するだけでなく、生活スタイルの変化が追い風となり、便利さとおいしさの評価が向上。需要に対して供給が追いついていない状況下、さらなる成長が見込めることから、約9割を占める上位4社はそれぞれパックご飯の生産設備増強を打・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 企業・団体動向=たいまつ食品 今期は2桁の伸び(2018.09.21)

     ●「もち麦ごはん」絶好調

     ●「もち麦ごはん」絶好調

     たいまつ食品は6月に新発売した、レトルト米飯「もち麦ごはん」が絶好調に推移している。既存の赤飯や玄米・雑穀類ご飯、かゆ類の引き合いも強まり、米飯部門だけ…

  • 企業・団体動向=ウーケ 海外輸出など強化(2018.09.21)

     ●さらなる業容拡大図る

     ウーケは、おいしさと安全・安心を兼備した商品力と、最大手コメ卸・神明グループならではの営業力を強みにシェア拡大。07年設立からほぼ10年で目下、年間8000万食の生産設備がフル稼働となり、来春を…

  • 企業・団体動向=テーブルマーク 働く女性に新提案(2018.09.21)

     ●「わたしの一膳ごはん」オフィス利用想定

     テーブルマークのパックごはん(無菌包装米飯)事業は18年1~6月上半期、売上げが前年比2桁増と予算通りの進ちょくで推移した。

     17年度は前年比13%増と市場の伸び…

  • 企業・団体動向=JA全農 「国内産もち麦ごはん」おいしさ、原料追求(2018.09.21)

     JA全農は、無菌包装米飯「国内産もち麦ごはん(150g入り)」と「同3個パック」を17日、新発売した。もち麦に多く含まれる水溶性食物繊維は、食後血糖値上昇やコレステロール吸収を抑制する。

     一方同品には、不溶性食物繊維も…

  • 企業・団体動向=東洋水産 新工場稼働で攻勢(2018.09.21)

     ●秋需向けキャンペーン

     東洋水産の米飯事業は、生産拠点のフクシマフーズ(福島県伊達郡)に米飯新工場を稼働させ増産体制を整えている。レトルト包装米飯は6月から、無菌包装米飯も8月中旬からそれぞれ新ラインが稼働した。新工場…

  • 企業・団体動向=佐藤食品工業 売上げ200億円台へ(2018.09.21)

     ●既存品安定供給目指す

     佐藤食品工業は今期(19年4月期)、全社売上高400億円台に挑戦する。伸びを支えるのが好調な包装米飯。既存品安定供給を目指しさらに拡大する考え。第1四半期も2桁伸長が続き、今期包装米飯だけで20…

  • 企業・団体動向=大塚食品 個(孤)食化対応を(2018.09.21)

     ●簡便など女性から支持

     大塚食品が展開する「マンナンごはん」はコンニャク生まれの米粒状加工食品「マンナンヒカリ」と北海道産「ゆめぴりか」をブレンドして、炊き上げたパックご飯。レンジで温めるだけでおいしく食べられる簡便性…

  • 企業・団体動向=アイリスフーズ パックご飯内製化1年(2018.09.21)

     ●ラインアップ拡充

     アイリスオーヤマ・グループの食品事業会社アイリスフーズは前期から無菌包装米飯の自社生産をスタート。市場全体の伸びを背景に、食品事業の展開をさらに加速している。

     2月には福島県南相馬市産…

  • 企業・団体動向=丸美屋食品工業 6年連続2桁成長(2018.09.21)

     ●具材セット米飯へ注力

     丸美屋食品工業は「とり釜めし味付けごはん付き」「麻婆丼<中辛>ごはん付き」といったセット米飯を、6年連続で2桁成長させている。主力品が安定拡大し、一昨年から「ビビンバ」がヒット。カップの「スープ…

  • 企業・団体動向=味の素社 ダイエットの需要喚起(2018.09.21)

     ●防災備蓄で訴求も

     味の素社は、おかゆ商品の18年度売上げ目標を前年比2%増とした。同年度に市場全体も同等程度の伸びを示すとみている。最大需要期となる七草がゆの時期の店頭展開に引き続き力を注ぐ。加えて、風邪やインフルエ…

  • 企業・団体動向=越後製菓 「日本のごはん」販売シフトを加速(2018.09.21)

     ●フィルム入り次世代型パックご飯

     越後製菓の米飯事業は、フィルム入りの次世代型パックご飯「日本のごはん」が大きな伸びを示している。シェアも拡大しつつあり、同品の第1四半期(4~6月)販売は前年の1.5倍を示現。通期では…