日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

包装もち特集2018.10.31 11788号 08面

再起の年となるか 原材料にこだわり、高単価商品も登場

印刷
Facebook
2018.10.31 11788号 08面



 包装もち市場は、11~12月に年間売上高の6~7割を占める。冬に偏りがちなもちの喫食機会を通年化するため、メーカーは従来の焼く・煮るとは違った提案をしてきた。長方形だけでなく、スティック状や薄切り、正方形、スライスなど形状も多様化。また、大容量の1kgが主流の中、容量を減らしても原材料へこだわり単価を引き上げる秋冬新商品も多く上市された。さらに、鍋用や、もちメニューのセット、味付けによる食シーン創造など、具体的な用途提案で時短・簡便に対応する新たな取組みも見られる。安定した・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 人気の「ちびっこもちつき体験」で日本に古くから伝わる伝統行事の素晴らしさを体感 全国餅工業協同組合「おもち祭り」 もちどころ新潟で2年連続(2018.10.31)

     ●10月10日「おもちの日」普及へ

     10月10日は「おもちの日」--全国餅工業協同組合(全餅工)は6日に、新潟市の複合商業施設・新潟ふるさと村で「おもち祭り」を開催した。当日は、大もちつき大会&ちびっこもちつき体験や焼…

  • 少し甘めの砂糖醤油味焼きもちを振る舞い、ランナーの疲労回復をサポートした 佐藤食品工業、新潟シティマラソン協賛 スポーツに“もちパワー”(2018.10.31)

     佐藤食品工業は8日、新潟市で開催された新潟シティマラソンに特別協賛し、ゴール付近で振る舞いもちを提供した。業界を挙げてアピールする“スポーツには元気の源お餅パワー”の普及を図った。

     今年は8日が体育の日となり、新潟シテ…

  • 主要メーカー動向=佐藤食品工業 鍋もちで食べ方提案(2018.10.31)

     ●ながモチフィルム前面に

     佐藤食品工業は今秋冬新商品として、鍋に特化した「鍋もち」を発売した。通常の切りもちの半分サイズで、薄くて小さい正方形のため、他の食材と同じ時間で火が通る。お椀に入れてもはみ出ない大きさにこだわ…

  • 主要メーカー動向=越後製菓 主力の生一番再構築(2018.10.31)

     ●アッパーで単価引き上げ

     越後製菓は今期、主力商品の包装もち「生一番」ブランドの再構築に注力する。既存のデザイン刷新に加え、プレミアムタイプ「魚沼産こがね餅」を上市し、漸減傾向の市場を再活性化。今期切りもちだけで1.7…

  • 主要メーカー動向=たいまつ食品 メニュー提案型上市(2018.10.31)

     ●こだわり原料米のみ使用

     たいまつ食品の包装もち事業は今期、産地にこだわった原料もち米のみを使用した包装もち「新潟県産杵つきもち800g」など3品を全国発売する。合わせて、メニュー提案型のカット・スライスタイプの新商品…

  • 主要メーカー動向=マルシン食品 今期も主力品に注力(2018.10.31)

     ●新領域でビジネス拡大も

     マルシン食品の8月期は、包装もちが前年並み、鏡もちは微減ながらも、デザートが大幅に増加し、トータル3%増で着地した。今年9~10月の出足は、前年並みで推移している。今期も主力品に注力すると同時…

  • 主要メーカー動向=うさぎもち 引き続き業務用強化(2018.10.31)

     ●もち通じ社会貢献目指す

     うさぎもちは、昨年から引き続き「ながモチフィルム」の強みをPRしながら、今年も12月にはTVCMを全国規模で放映する予定だ。安定的な需要が見込める業務用も引き続き注力し、通期前年クリアを目指す…

  • 主要メーカー動向=アイリスフーズ 和風スイーツシリーズに新商品(2018.10.31)

     ●第2弾は黒蜜きなこ

     アイリスフーズは、独自の低温製法で精米した「低温製法米生きりもち」「同生まるもち」を主軸に置き、従来のもちユーザー以外を取り込む魅力的な商品群の開発・発売を続けている。

     18年は3月…

  • 主要メーカー動向=前原製粉 FSSC22000認証取得(2018.10.31)

     ●ながモチフィルム高評価

     【関西】前原製粉の前期(3月期決算)売上高は26億円で前年比3%増の微増だった。売上げ構成は、包装もち・和粉でほぼ半々。今期は一部商品の絞り込みを行うため、横ばいもしくは微減を見込んでいる。<…

  • 関連メーカー動向=丸美屋食品工業 秋の旬素材が好評(2018.10.31)

     ●「くるみ」「栗あん」発売

     丸美屋食品工業は「ずんだもちの素」をはじめとした「おもち亭」を展開し、今秋は「くるみだれ」「栗あんの素」といった旬素材が好評を博している。既存品は昨年の全面刷新が奏功して増収。もち需要の立ち…