日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

関東歳暮ギフト特集2018.11.07 11792号 08面

新提案で客層拡大図る

印刷
Facebook
2018.11.07 11792号 08面

 18年の歳暮ギフトは儀礼的な贈答から家族や友人など身近な人へ贈るパーソナルギフトへ需要が移る中、購買を喚起するため、新たな提案や独自の切り口で客層拡大を図る。世代や性別、贈る人との関係性などを踏まえた、きめ細かい提案や独自色のあるギフトで需要を掘り起こす。本特集では首都圏の百貨店、スーパー、コンビニエンスストアの取組み、主要カテゴリーの動向を探った。

 (ギフト取材班)

・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 地域性の高い商品は定番ギフトとは異なる需要を掘り起こす 首都圏百貨店=年末の「プチ贅沢」消費に変貌(2018.11.07)

     首都圏百貨店の提案は、歳暮ギフトの枠を越え、広く歳末のプレミアム消費にフォーカスしている。歳暮の慣習が40歳代以下に継承されていない実態に合わせたもので、贈答を基本としながらも、自家消費を取り込むために工夫を凝らす。歳暮市場の視点を…

  • 大手CS=スイーツに注力 割安感訴求は苦心 無料配送は縮小傾向(2018.11.07)

     18年のチェーンストア(CS)の歳暮ギフト商戦は、目玉商品の品揃えでのスイーツへの注力が目立つ中、配送料金の上昇を背景に割安感の訴求には苦心する展開だ。配送料金は歳暮ギフトカタログに記載する際の対応が分かれているが、無料とする対象商…

  • CVS=「ご褒美」需要に厳選ギフト プロが逸品を選ぶ(2018.11.07)

     コンビニエンスストア(CVS)の18年の歳暮ギフトは、自分や近親者向けの自家需要が定着し、贈答儀礼としての「歳暮」から年末のパーソナルな「冬ギフト」として位置付けが明確になった。各チェーンともこだわりの冬ギフトで年末の「自分へのご褒…

  • カテゴリー別動向=食用油 オリーブオイル品揃え拡充(2018.11.07)

     食用油ギフトは近年、オリーブオイルを中心に高付加価値油の品揃えが拡充している。食用油への健康価値への見直しや「そのままかける」用途での需要増を背景に、アマニ油などの健康ジャンルも拡大。贈答機会の減少を背景に緩やかな減少傾向を否めない…

  • カテゴリー別動向=洋菓子 活況な売場 屈指のトレンド提案健在(2018.11.07)

     洋菓子ギフトは需要期と歳暮期が重なる市場であり、今シーズンも売場は活況を呈している。百貨店を軸に、量販店・CVS、Web通販などで多岐にわたる価格帯のアイテムが登場。また、SNSや拡散効果が期待できるアイテムも多く、ギフト屈指のトレ…

  • カテゴリー別動向=清涼飲料 贈り先への思いやり伝える(2018.11.07)

     清涼飲料ギフトは今歳暮期、贈り先の「健康面」のサポートや、国産原料使用などの品質を追求し、歳暮ギフトならではの「プレミアム」感や「季節感」などを訴求した、贈り手の気持ちや思いやりが伝わるギフトが目立つ。この背景には、少子高齢化や単身…

  • カテゴリー別動向=コーヒー 進むプレミアム化 高品質・こだわり製品を(2018.11.07)

     コーヒーギフトは、今歳暮期もプレミアム化が進む。贈り先の家族構成や好みに対応する高品質かつこだわりの製品を贈りたいというニーズが高まっているためだ。拡大する通年での贈答や手土産などの「パーソナルギフト」にも注力しながら、今歳暮期商戦…

  • カテゴリー別動向=ビール類 バラエティー、持ち帰り用強化(2018.11.07)

     ビール類のギフトは、主力の定番ビールとギフト限定品を絡めたバラエティーセットや持ち帰り用のカジュアルギフトの強化が目立つ。

     アサヒビールは、2年目となる国産原料100%のギフト限定品「アサヒスーパードライジャパンスペシ…

  • カテゴリー別動向=海苔 高まる健康志向 減塩商品に支持(2018.11.07)

     海苔のギフト市場は長期低落傾向にある。国内市場全体で停滞感が漂っていたが、今夏は一変。7月にTVの人気情報番組で海苔の健康価値を伝える特集が組まれた。特に家庭用カテゴリーが急拡大。ギフトも好況が期待されたが影響は軽微だった。商品別で…

  • カテゴリー別動向=缶詰 自家需要に伸び、底打ち観測も(2018.11.07)

     缶詰ギフトは中高年層などヘビーユーザーの安定支持を得てきた一方、若年層のギフト慣行減や法人需要の伸び悩み、カニなど高級水産原料の長引く不漁などで贈答件数は微減傾向が続く。缶詰・瓶詰・レトルト合算の18年中元ギフト売上げは、百貨店ベー…