日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新春特集第2部2019.01.04 11815号 10面

2019年業界展望=コンビニエンスストア 課題山積で鍵握る対応力 顧客争奪戦も激化

印刷
Facebook
2019.01.04 11815号 10面

スライド式什器で補充の負担軽減も。人手不足の加盟店支援策として店舗作業の効率化は急務
スライド式什器で補充の負担軽減も。人手不足の加盟店支援策として店舗作業の効率化は急務


 新たな元号がスタートする19年は課題が山積する中、大手3チェーンに集約化が進んだ中で同業チェーンや異業態との競争、深刻化する加盟店の人手不足、消費増税に伴う軽減税率への対応などに迫られる。食の外部化ニーズを取り込んで需要を開拓するほか、キャッシュレス化もさらに進みそうだ。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の調査によれば、すでに17年で5万7956店に達した。ファミリーマートもブランド統合が完了し、大手3チェーンを中心にした生存競争がし烈になりそうだ。(山本仁)

 ●急激・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 東京2020大会に向かい新国立競技場は着々と完成に近づいている 食に求心力 魅力に磨きを(2019.01.04)

     来年20年には7月24日から8月9日までの17日間の会期で東京2020オリンピック競技大会が東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡の1都4県の35会場で、続けて8月25日から9月6日の12日間の会期で東京2020パラリンピック競技大会が東京…

  • 東日本大震災で東北の食品流通の要衝である「岩沼臨空流通工業団地」(宮城県岩沼市)が損壊した影響は甚大だった(平成23年) 巻頭企画・食品界の平成史 国際化・高齢化・人口減 波乱万丈の30年(2019.01.04)

     4月30日には天皇陛下が退位され、翌5月1日には皇太子さまの即位とともに新元号に改元される。30年余の平成時代の幕も下りる。関連する業種に影響を与える日EU(欧州連合)・EPA(経済連携協定)は2月1日に発効する。このEUからは3月…

  • 業務用食品卸座談会 2019年の外食産業を占う メニューの付加価値が鍵に(2019.01.04)

     「ライフスタイルが変わってしまったかと思うほど外食は厳しい」といった業務用食品卸からの声が2018年は聞かれた。2019年は5月の10連休、10月の消費増税を控える。社会的に推進が求められる「働き方改革」への対応策など、外食産業を知…

  • 業務用食品卸、IZUMIYAは厨房機器製造卸の日本給食設備をM&Aで子会社化 2019年業界展望=業務用食品卸 垣根越える提携進展 後継者不在でM&Aも(2019.01.04)

     業務用食品卸業界では久世の動きが目立った。同社は19年4月1日付で日本外食流通サービス協会(JFSA)に加盟することを18年11月14日発表した。首都圏初のJFSA会員だ。久世は、首都圏を中心に中部圏、関西圏の外食企業を得意先に持ち…

  • 19年トップは語る成長戦略=トーホー・古賀裕之社長(2019.01.04)

     トーホーは今期、収益力向上、グループ連携強化と海外事業力強化を軸に最終年度の21年1月期に売上高2350億円、営業利益32億円を目指す新中計を始動。初年度はグループ31社のシナジー発揮と基盤固めに努め、来期はその基盤を生かして営業活…

  • 19年トップは語る成長戦略=尾家産業・尾家啓二社長(2019.01.04)

     尾家産業は中計最終年度の今3月期、売上高1000億円での着地を見込む。外食産業やヘルスケア業態を支える業務用卸事業のみで、全国へ事業基盤を広げ、数字を着実に積み上げての大台突破。春からは若手幹部らが描く10年後の姿を基に新中計を始動…

  • 19年トップは語る成長戦略=ヤグチ・栗栖信也社長(2019.01.04)

     ヤグチの前5月期は前年比1%増の売上高771億円と増収、だが利益は微減だった。今期、新たな中期3ヵ年経営計画のスタートを切った同社の栗栖信也社長に新中計への意欲と、19年の業務用食品卸業界の問題などを聞いた。

  • 中食市場では引き続き食品スーパーも中心的役割を担う 2019年業界展望=中食 10兆円突破の惣菜市場 変化・多様化に応え拡大続く(2019.01.04)

     内食、中食、外食の合計である食全体のマーケット(筆者推計)は、95年の74兆5887億円をピークに、人口減少、高齢世帯の増加、景気の低迷などもあり02年(69兆9448億円)からは60兆円台で推移し、漸次、減少傾向となっている。その…

  • 2019年業界展望=ドラッグストア 「食」が主戦場 戦略的活用を目指す(2019.01.04)

     ドラッグストア(DgS)の売上げ規模が拡大の一途をたどっている。数年前までDgSの市場規模が停滞していた時期もあったが、再びコンビニエンスストア(CVS)市場の拡大速度を上回る伸び率で再成長を始めている。日本チェーンドラッグストア協…

  • 19年トップは語る成長戦略=ミニストップ・藤本明裕社長(2019.01.04)

     ミニストップは、グロサリーや雑貨を対象に自動発注システムを導入、合わせて標準棚割を見直して欠品を抑制する。また、新型レジには自動釣り銭機を搭載、完全セルフレジとしても使用可能だ。人手不足に対応するため本部を挙げて業務負荷の軽減に取り…

  • イートイン機能の強化でSMの利用シーンを拡大=ベイシア勝浦店 2019年業界展望=スーパー 提携・統合で大再編 塗り変わる勢力図(2019.01.04)

     2018年に相次いで発表された流通業界の再編計画ならびに新たな提携関係は、スーパー業界の在り方が変わろうとしていることを印象付けた。以前から人口動態の移り変わりや情報技術の進化によって業界を取り巻く環境は変わるといわれ続けてきた。そ…

  • 19年トップは語る成長戦略=ダイエー・近澤靖英社長(2019.01.04)

     イオングループの食品スーパー(SM)事業再編に伴い光洋を吸収合併(20年3月予定)するダイエーは、「地域密着の深耕」「ビジネスモデルの変革」を近畿圏で実現することで近畿ナンバーワンリージョナルスーパーマーケットを目指す。

  • 19年トップは語る成長戦略=ライフコーポレーション・岩崎高治社長(2019.01.04)

     ライフコーポレーションは、4ヵ年計画の初年度に当たる今期、近畿圏の物流インフラ再構築に着手し、大型改装を進めた。カードおよびネットスーパー事業も進展している。岩崎高治社長は、従業員の成長や商品・店づくりの質的な向上に手応えがあるとい…

  • 19年トップは語る成長戦略=全日食チェーン 平野実・全日本食品社長(2019.01.04)

     全日食チェーン(本部=全日本食品)は、18年9月から第11次3ヵ年計画を始動、五つのテーマを重点施策に取り組む。商品力の強化やリテールサポート(RS)の再構築などで加盟店への支援体制を強化、店頭の活性化と収益力の向上で再投資できるよ…

  • 19年トップは語る成長戦略=サミット・竹野浩樹社長(2019.01.04)

     サミットは19年度、共有力をキーワードに3ヵ年の中期経営計画の最終年度の仕上げを図る。顧客と接点を増やし、独自色を発揮して特別な存在を目指す。従業員が自発的に成長する仕組みが軌道に乗ってきた。成果を共有し、従業員が互いに認め合う社風…

  • 19年トップは語る成長戦略=セルコチェーン・佐伯行彦理事長(2019.01.04)

     セルコチェーンは、全国の中小食品スーパー(SM)40社が加盟するボランタリーチェーンで、総店舗数440店、総売上げ4400億円にのぼる。佐伯行彦理事長(さえきセルバホールディングス社長)は、時代の変化をつかめば、中小にも飛躍のチャン…

  • 19年トップは語る成長戦略=日本生活協同組合連合会・嶋田裕之代表理事専務(2019.01.04)

     昨年は西日本豪雨、大阪北部地震、北海道胆振東部地震などの災害が起きた。各地の生協の職員は自分の生活を犠牲にして働く傾向にある。職員に無理をさせないために、日本生活協同組合連合会では、狭い地域での対応策として小規模のBCP(事業継続計…

  • 19年トップは語る成長戦略=コープデリ生活協同組合連合会・土屋敏夫代表理事理事長(2019.01.04)

     最大手の生協、コープみらいが加盟するコープデリ生活協同組合連合会は今まで堅調に成長してきたが、供給高ベースで横ばいになるなど、厳しい局面を迎えた。その理由は人手不足だが、2017年下半期から始めた構造改革を加速させて、課題克服を目指…

  • 19年トップは語る成長戦略=パルシステム生活協同組合連合会・石田敦史代表理事理事長(2019.01.04)

     1都11県の生協が参加するパルシステム生活協同組合連合会は宅配を中心に事業展開し、昨年の供給高は堅調に推移。今後も成長するために多様化する組合員のニーズに応え、人・時やコスト削減できるように商品案内、物流センターの改革に取り組んでい…

  • アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは「いつかは倒産する」と発言したという 米国小売流通業の新潮流 オンラインで注文、ストアで受け取り(2019.01.04)

     ●アマゾンの危機意識

     アマゾン・ドット・コム(ワシントン州シアトル)のジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)が社内会議で「わが社は巨大にはなったがつぶれることがない会社ではない。いつかは倒産するだろう。大企業の寿命は三…

  • 2019年食品界経営者・有識者アンケート(2019.01.04)

     日本食糧新聞社・日食動向調査室が18年11月中旬から12月前半に掛けて実施した食品界経営者・有識者アンケートからは、直面する時代の変化の中で挑戦する意気込みがうかがえる。19年の食品業界に影響を及ぼすキーワードとして、「変化対応力」…