日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

関東小売/北関東・新潟新春特集2019.01.16 11820号 08面

環境変化に備え 最大市場で出店意欲衰えず

印刷
Facebook
2019.01.16 11820号 08面

 関東、新潟地区の小売には人材不足、消費者ニーズの多様化、10月に予定の消費増税など大きな環境の変化に対する備えが必要だ。経営基盤を強化するとともに、変化する状況で迅速かつ柔軟に対応することも求められる。新店計画からは国内最大市場を巡って各社の出店の意欲は衰えない。業種業態の垣根を越えた競争はさらに激化する中、同地区で有力な食品スーパー(SM)の経営戦略から生き残り策を探る。

 (流通グループ)

・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 川野澄人社長 ヤオコー・川野澄人社長 作業改善を営業力の原資に(2019.01.16)

     ヤオコーは、18年度にスタートした新3ヵ年計画で4つの重点課題に取り組んでいる。「1km商圏シェア25%」「店舗作業15%削減」「5%成長」といった数値目標を設定するテーマのほか、労働環境の改善を含め人材育成を進める。人材の確保や競…

  • 岩崎裕文社長 マミーマート・岩崎裕文社長 販売力再構築に重点(2019.01.16)

     マミーマートは今19年9月期、販売力の再構築に注力する。10億円を投資して既存店の改装を進め、設備やマニュアルを整備して作業性を向上し、売場管理を強化して拡販する商品を明確にして大量販売できるようにする。売場づくりなどを学ぶモデル店…

  • 原和彦社長 アクシアルリテイリング・原和彦社長 小商圏新業態を磨く(2019.01.16)

     原信、ナルス、フレッセイの食品スーパー(SM)事業会社で構成するアクシアルリテイリングは、「中期経営計画(2018~2020)」の中で最も主要な課題と位置付けている物流全体最適化が、多店舗出店・シェア拡大のための小商圏新フォーマット…

  • 業務用卸 進展する働き方改革 拠点整備など意欲(2019.01.16)

     2018年は、各企業ともに「働き方改革」への取組みを積極的に推進した。人手不足の環境下で、社員の労働環境改善、労働時間短縮などに取り組んだ。19年は、営業および物流拠点の整備・改善に取り組み、営業エリア拡大を図る、または準備を進める…

  • 金田陽介社長 業務用卸=ニッカネ 「凡事徹底」を基本に(2019.01.16)

     ●今9月期売上げ目標180億円

     ニッカネの前9月期決算は、売上高は前年比11.6%増の161億8700万円。生鮮野菜の畑全、魚の切り身加工を行うアタコなどグループ全体でも売上高184億7900万円と増収増益で着地した。…

  • 臼田真一朗社長 業務用卸=関東食糧 付加価値商品を提案(2019.01.16)

     ●「食空間創造Base」2月竣工 新物流拠点に

     関東食糧は2月21日、新物流拠点「食空間創造Base」を竣工予定。3月末には事務所も食空間創造Baseに移転する計画だ。臼田真一朗社長は「坪数ベースで規模は倍増。効率化で…

  • 大竹光彦社長 業務用卸=ネオテイク “熱く攻める”掲げる(2019.01.16)

     ●次世代型製造卸確立へ

     ネオテイクの19年は、顧客をフルサポートできる「次世代型製造卸」の確立を目指す。グループ会社のネオテイクフレッシュのカット野菜やネオテイク製麺の「ロングライフ」「早茹麺」など、機能性を重視した商…

  • 秋山正行社長 業務用卸=三和 売上高が100億円突破(2019.01.16)

     ●積極的な営業活動奏功

     三和の前8月期売上高は前年比約5%増の102億5000万円で、売上高100億円を突破した。利益は、社員の労働環境改善、ガソリン代の増加などの経費増加で前年並みだった。

     「売上高10…

  • 宇留野正義社長 業務用卸=ウルノ商事 世代交代見据え変革(2019.01.16)

     ●新つくば支店6月着工

     2019年は、ウルノ商事の宇留野正義社長が就任10年の節目に当たる。宇留野社長は10年間のシナリオプランニングの結果を基に、次の5年、10年を見据えた、新時代の幕開けとして、「変革」の言葉を掲げ…

  • 深尾由美子社長 業務用卸=関東食品 利益改善徐々に進展(2019.01.16)

     ●社員の自発性も高まる

     関東食品は前3月期、外食・中食市場から撤退し、得意先を集団給食に絞るという大きな改革を行った。「働き方改革」も推進し、本社では受注時間を繰り上げるなど倉庫業務の時短に取り組んだ。その結果、売上げ…

  • 吉田満社長 業務用卸=吉田食品 今年は本領発揮の年(2019.01.16)

     ●地域密着、強み生かす

     吉田食品の今2月期第3四半期は前年並み。冬のメーン得意先のスキー場は、昨シーズンは降雪が順調で好調だったが、今シーズンの出足は遅かった。しかし、今シーズンは例年並みのにぎわいでも前年並みで着地で…