日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

釜めしの素特集2015.09.02 11235号 09面

主要メーカー動向=ヤマモリ 「栗ごはん」限定発売

印刷
Facebook
2015.09.02 11235号 09面


 ●減塩シリーズ「きのこ」も新発売

 【中部】ヤマモリはこのほど、レトルト釜めしの素シリーズのプレミアムタイプ「栗ごはん」を数量限定で新発売。また、昨年好評を得た「牛めし」「松茸ごはん」をリニューアルし期間限定で販売開始した。同シリーズは旬の食材やこだわりの食材を使用したアッパーラインの商品。「栗ごはん」は、別添の昆布だしで炊き上げる、栗の自然な甘味が楽しめる釜めしの素。ほくほくした栗の食感、昆布のうまみが効いた上品な味わいが特徴だ。「牛めし」は、国産100%の牛肉に、秋冬に旬・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 市場成熟で上位集約 こだわり商材に支持 今秋はエスニック・減塩(2015.09.02)

     釜めし・炊き込みご飯の素市場は今期、前年実績をわずかながら上回って推移している。消費増税の影響は軽微で需要は安定。上位集約が進む市場の成熟化が見られ、事業継続を図るとともに、次の成長戦略が探られている。(西澤貴寛、横山卓司、吉岡勇樹…

  • 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 今期売上げも好調(2015.09.02)

     ●「とり」発売45周年企画が奏功

     丸美屋食品工業の今期1~7月の釜めしの素売上げは前年比6%増で推移し、近年の成長を堅持している。市場のトップブランドである「とり」は発売45年を迎え、TVCMを全国投下するなどして周年…

  • 主要メーカー動向=丸善食品工業 ボリューム感で季節需要に訴求(2015.09.02)

     ●定番プラス「栗ごはん」

     【長野】自社ブランド「テーブルランド」で、米飯周りのアイテムを幅広く展開する丸善食品工業。釜めしの素は、トレー容器のピロータイプ(3合炊き)で、ボリューム感が武器だ。主戦場のEDLP系チャネル…