日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中部秋季特集2016.10.29 11434号 01面

小売業は「モノ」から「心」の販売へ 新たな業態が潜在ニーズ取り込む

印刷
Facebook
2016.10.29 11434号 01面

東海コープのような食品を介した地域住民とのつながりは「心」の販売に通じる
東海コープのような食品を介した地域住民とのつながりは「心」の販売に通じる


 国内経済は鳴り物入りで始まったアベノミクスもここにきてやや失速気味。目標としている物価上昇率2%を実現できず、現在も引き続き日銀によるマイナス金利を継続し、景気浮揚を図ろうとしているが、目立った効果はなく相変わらずデフレ基調が続いている。

 実際、この中部地区でもカネスエが展開する低価格商品を軸とした「フェルナ」の出店が加速化。また東海エリアでの出店が相次ぐ北陸の「クスリのアオキ」の食品売場が好評を得るなど、デフレに対応した店舗、品揃えが人気を集めているのが現状だ。特に「クス・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事