日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

釜めし・混ぜご飯の素特集2017.09.04 11584号 05面

主要メーカー動向=ヤマモリ 釜めしの素プレミアムタイプ3品

印刷
Facebook
2017.09.04 11584号 05面


 【中部】ヤマモリはこのほど、レトルト釜めしシリーズのプレミアムタイプ「期間限定 釜めしの素」(栗ごはん・松茸ごはん・牛めし)を18年2月までの期間限定で販売開始した。同シリーズは旬の食材やこだわりの食材を使用したアッパーラインの商品群で、3品とも食を通じて季節感やぜいたく感が味わえるメニューとなっている。

 「栗ごはん」は、昆布だしで炊き上げる栗の自然な甘みが楽しめる栗ご飯の素で、上品な味わいと色合いが手軽に楽しめる。「松茸ごはん」は、秋の味覚の王様であるマツタケをたっぷりと・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 海鮮、2合用など新提案が定着 食べきり、具材炊きの浸透に期待(2017.09.04)

     釜めし・混ぜご飯の素市場は前期、前年比4%増と例年以上の伸び率で着地した。海鮮メニューや2合用の成長が貢献した。コスト高による価格改定は、トップメーカーの丸美屋食品工業が率先して浸透。近年は海鮮、2合用にとどまらず、新提案が盛ん。今…

  • 主要メーカー動向=Mizkan ストレートパウチ発売(2017.09.04)

     ●簡単・おいしい消費ニーズに

     Mizkanは8月3日から、ストレートタイプのパウチ商材である「だし炊き五目釜めし」「同鶏釜めし」を発売した。新たな形態で調理の簡便性とだし・具材感を高めた。簡単・おいしいという消費ニーズ…

  • 主要メーカー動向=丸善食品工業 ストレートタイプに刷新(2017.09.04)

     【長野】丸善食品工業は、昨秋にレギュラー展開を一時休止した自社NB、テーブルランド(TBL)の「釜めしの素」シリーズが今期、水を加えずに炊けるストレートタイプに刷新して復活。「鶏五目」「きのこ」「山菜」(いずれも2合炊き用)の3アイ…

  • 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 CM、企業対応で販売後押し(2017.09.04)

     丸美屋食品工業は8月末からTVCMをはじめとした広告宣伝、流通業の得意先別対応を進めている。原料高で昨年改定し、定着した新価格での販売、価値提案を後押しする。売上げは主力品が微減したが、続く「とりごぼう」や「はまぐり」「鯛」といった…

  • 主要メーカー動向=大塚食品 1合用高級品育成(2017.09.04)

     大塚食品は8月28日から、1合用の高級商材である「銀座ろくさん亭 極みの五目釜めし」「同鶏ごぼう釜めし」を発売し、売場の定番商品に育てる。国産原料で具だくさん、減塩といった商品価値を実現。小世帯、高齢化といった社会ニーズに応え、1合…