日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スープ特集2017.03.15 11498号 06面

過去最高の規模更新 収益改善が進行

印刷
Facebook
2017.03.15 11498号 06面



 スープ市場は16年3月期、近年の拡大傾向を維持して、過去最高の規模を更新するようだ。スープは煮込んだ具材と煮汁からなり、消化しやすく、栄養摂取と新陳代謝に最適。即席スープは粉末・顆粒・液体・固形といった多様な形態で展開し、機能・情緒メリットの高いスープが簡単、安価に作れる。国内の加工食品の先駆けとなって、個食小袋入りやカップ、フリーズドライ(FD)と独自の発展を遂げてきた。食事の添え物といった意識は一変し、朝昼の主食、離乳食や介護食の必須メニューとなっている。(青柳英明、川・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=味の素社 SNSの活用深める(2017.03.15)

     ●夏場の喫食機会を拡大

     味の素社は、粉末冷製スープの夏場の朝食での喫食機会の拡大につなげるため、主力商品となる「クノール カップスープ 冷たい牛乳でつくる」シリーズの生活者に役立つ価値を生活者一人一人に伝える新たなコミ…

  • メーカー動向=ポッカサッポロフード&ビバレッジ 冷製など2施策実施(2017.03.15)

     ●新たなユーザー獲得へ

     ポッカサッポロフード&ビバレッジが昨秋、発売20周年を迎えた「じっくりコトコト」の新たなブランドメッセージとして掲げた「UPGRADE YOUR LIFE」=消費者の食卓や毎日の向上を目指す=挑…

  • メーカー動向=理研ビタミン リニューアルで拡販(2017.03.15)

     ●「わかめスープ」35周年

     理研ビタミンの今年度4~12月までのわかめスープ類は前年を若干下回って推移した。これはワカメ原料高騰などを受け10袋入りを8袋入りに容量変更したことと3袋入りを価格改定した結果、以降積極的な…

  • メーカー動向=丸美屋食品工業 独自3ブランド展開(2017.03.15)

     ●健康ニーズ引きつける

     丸美屋食品工業は「野菜を食べるスープ」「スープdeごはん」「豆乳を食べるスープ」という独自の3ブランドを展開し、成長市場の健康ニーズを捉えている。野菜120gが取れる「野菜」の売上げを伸ばし、新…

  • メーカー動向=アサヒグループ食品 「おどろき野菜」積極提案し17%増へ(2017.03.15)

     アサヒグループ食品は、「野菜を食べるスープ」をコンセプトに多彩なメニューを提案するカップスープブランド「おどろき野菜」で積極的な提案を行い、17年度売上げ目標を前年比17%増に設定する。「おどろき野菜」ブランドは、05年11月の発売…

  • メーカー動向=エースコック 売上高100億円目指す(2017.03.15)

     ●「フォー」を次の柱に育成

     エースコックは、昨年、発売15周年を迎えた「スープはるさめ」および本格展開を開始した「Pho・ccori気分」フォーを中心とするノンフラワー群で売上高100億円を目指している。

  • メーカー動向=永谷園 「松茸の味」成長続く(2017.03.15)

     ●「冷え知らず」スティック順調

     永谷園は「松茸の味お吸いもの」の汎用訴求を推進し、近年成長を続けている。TVCMや専用什器で万能和風だしと訴求。4、8袋入りでともに売上げを伸ばしている。「冷え知らず」は2月、栄養機能食…

  • メーカー動向=平和食品工業 業務用ラーメンスープ好調(2017.03.15)

     平和食品工業の、業務用ラーメンスープの業績は堅調な推移だ。また、同社の売上げの50%を超える主要カテゴリーでもある。

     ニーズの傾向としては、大容量より小容量のニーズが高まっている。味では豚骨が定番人気となっている。