日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

花かつお・削り節特集2017.11.13 11617号 06面

上期、原料相場暴騰 価格改定に追われる

印刷
Facebook
2017.11.13 11617号 06面


 削り節市場は今期も縮小して推移し、上期は原料高による価格改定の対応に追われた。相場は缶詰の世界需要の高まりに引っ張られて暴騰。仕入れは缶詰のほか、鮮魚や切り身業者との争奪戦となり、以前のような安価で品質も伴う手当ては望めそうもない。成熟市場で既存品の絶え間ない改良と単価アップ、基礎研究に基づく形態、特性向上が求められている。(大居政光、浜岡謙治、堀江勝、吉岡勇樹)

 ●既存品改良と提案拡充が鍵

 花かつお・削り節市場は4~9月、前年比2%減で推移しているとみられる。構成比5割と・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=ヤマキ 使い切りパック好調(2017.11.13)

     ●コトマーケティングを強化

     ヤマキの今3月期売上げはほぼ前年実績並みで推移し、使い切りタイプの小容量パックが伸びている。カツオ相場の高騰で8月から値上げ。店頭価格へ着実に反映している。マヨネーズや弁当への新たな活用法、…

  • 主要メーカー動向=にんべん 価格改定浸透、回復へ(2017.11.13)

     ●アドバイザー育成 1000人講習

     にんべんの今3月期売上げは、10月からの価格改定が浸透し、回復傾向にある。直販は24日から最高級の「伊勢屋伊兵衛 初鰹節」を発売し、ブランディングを深める。食育は母親向けのアドバイザ…

  • 主要メーカー動向=ヤマヒデ食品 10月から価格改定(2017.11.13)

     ●「いわしふりかけ」新発売

     【関西】ヤマヒデ食品は原料魚価が高止まりの状況から、企業努力での吸収も限界だとして10月から花かつお削り節商品を7~15%の値上げを実施した。

     商品構成は削りぶし「業務用だし」…

  • 主要メーカー動向=マルトモ 「プレ節」さらに強化(2017.11.13)

     ●細やかな営業活動で底上げ

     【中国】マルトモの今期4~10月までの売上げは前年比増で推移している。15年3月の発売以来、大型CMの投下など販売に注力している「プレ節」が好調に推移し、全体をけん引している。同社では引き続…

  • 主要メーカー動向=ベストプラネット 今期は減収で推移(2017.11.13)

     ●好調のイワシ節を改良

     ベストプラネットの今期売上げは、久しぶりに減収で推移している。原料相場の高騰が影響した。相場高で10月から価格改定したが、発表以降も原価高が続く。育成する業務用やイワシ削り節、だしパック販売は好…

  • 主要メーカー動向=サザンフーズ 「だしポット」と削り節をセット(2017.11.13)

     ●今秋からネット販売

     【九州】サザンフーズでは、だしの文化を広めたいとして、将来的には「飲むおだし」などの商品化に取り組む方針。今秋からその手始めとして「だしポット」と削り節をセットにした商材をネットを活用し販売してい…

  • 主要メーカー動向=林久右衛門商店 水産庁長官賞を受賞(2017.11.13)

     ●薄削り「ちょっと贅沢ふわっと」水産庁長官賞を受賞

     【九州】林久右衛門商店は安心・安全のための設備投資を順次進め、衛生基準をさらに高めている。HACCP工場の更新も続けながら、維持管理している。そこから作られる商品はこ…