日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

すしの素特集2018.02.02 11656号 07面

“コト”マーケティングで拡大余地 課題はユーザーの若返り

印刷
Facebook
2018.02.02 11656号 07面

3日の節分の恵方巻き作りも食育に最適。そしてフォトジェニック(写真は山本海苔店が1月27日に行った親子講習会)
3日の節分の恵方巻き作りも食育に最適。そしてフォトジェニック(写真は山本海苔店が1月27日に行った親子講習会)

 すしの素は親族、友人と食卓を一緒に囲み、お祝いのごちそうメニューになる、ちらし寿司が簡単にできる。粉末タイプが発売50年、具入りが40年を超え、根強い人気を誇る。課題はユーザーの若返りとメニュー拡大。食品市場全体を見ると、特に昨年から「インスタ映え」に代表される「人に見せる」「調理を楽しむ」イベント消費が顕在化。食育や節句普及の推進もあいまって、彩りがはなやかなちらし寿司、太巻きの登場回数が増える可能性は高い。親子の調理やホームパーティーを喚起する、“コト”マーケティングに・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事