日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スープ特集2018.03.14 11673号 08面

市場規模、過去最高を更新 主力粉末と冷製、FDがけん引

印刷
Facebook
2018.03.14 11673号 08面


 スープ市場は17年3月期、近年の拡大傾向を維持して、過去最高の規模を更新しそうだ。スープは煮込んだ具材と煮汁からなり、消化しやすく、栄養摂取と新陳代謝に最適。即席スープは粉末・液体・固形とさまざまな形態で展開し、機能・情緒メリットの高いスープが簡単、安価に作れる。国内の加工食品の先駆けとなって、個食粉末入りやカップ、フリーズドライ(FD)と独自の発展を遂げてきた。食事の添え物といった意識は一変し、朝昼の主食、離乳食や介護食の必須メニューとなっている。(金原基道、本吉卓也、八・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=味の素社 3期連続の高成長(2018.03.14)

     ●「冷たい牛乳で」トマトなど追加 冷製拡大で通年化

     味の素社はトップブランドの「クノール カップスープ」を展開し、今3月期は前年比2桁増に近い伸長率で売上げを拡大している。前年まで2期続けて2桁成長し、3年連続を視野に…

  • 主要メーカー動向=ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「冷製スープ」に注力(2018.03.14)

     ●「カップ入りリゾット」にも

     ポッカサッポロフード&ビバレッジはこの上期、(1)ロングセラーブランド「じっくりコトコト」ブランドの強化(2)伸長する「冷製スープ」のさらなる拡大(3)新カテゴリー創出に取り組む「カップ入…

  • 主要メーカー動向=永谷園 「松茸の味」が圧倒(2018.03.14)

     ●「くらしの和漢」 身近な健康提案も

     永谷園は「松茸の味お吸いもの」の汎用訴求を推進し、近年成長を続けている。カテゴリートップの地位を盤石にし、来期は新たな販促も計画する。新商品は、ナツメや高麗ニンジンを使った「くらし…

  • 主要メーカー動向=エースコック 今春食べ方新提案(2018.03.14)

     ●下期 キャンペーン奏功し伸長

     エースコックのインスタントスープ(ノンフラワー群)の17年12月期販売実績は、カップスープカテゴリー売上げナンバーワンの「スープはるさめ」が前年比約3%増、本場ベトナムフォー「Pho・c…

  • 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 独自3ブランドを改良(2018.03.14)

     ●甘酒などトレンド対応も

     丸美屋食品工業は「スープdeごはん」「7種の野菜を食べる」「豆乳具材がとろける」という独自の3ブランドを揃え、健康志向の深まりに応えている。一昨年に増収し、続く前12月期は苦戦したが、昨秋にリ…

  • 主要メーカー動向=平和食品工業 好評「焼鯛だしラーメンスープ」(2018.03.14)

     ●焼きでタイの風味より引き立てる

     平和食品工業の「焼鯛だしラーメンスープ」が好評だ。縁起の良い高級魚として昔から日本人に親しまれてきたタイの風味と味わいを生かした淡い色合いの優しい味わいのラーメンスープだ。タイの骨、頭…

  • チルド パウチの真打ち(2018.03.14)

     17年度は野菜高が長引き、具だくさんのパウチスープが活況だった。過度な熱殺菌が避けられるチルド商材は具材本来の風味が生かせ、パウチの真価が伝えられる。16年からCVS惣菜で提案が強まり、NB商品も充実。ただし、売場はきめ細やかな維持…

  • 主要メーカー動向・チルド=明治 チルド配荷、大幅増(2018.03.14)

     ●「Daily」冷製提案

     明治のチルド・ドライスープは改良を重ね、大幅に増収している。チルドは豊かな風味と食感を誇る「Daily Rich(デイリーリッチ)」シリーズ、ドライは豊富な野菜量の「まるごと野菜」などを展開す…

  • 主要メーカー動向・チルド=フジッコ ピーターラビットとコラボ(2018.03.14)

     【関西】フジッコは4~5月にかけて、「朝のたべるスープ」シリーズとピーターラビットとのコラボ企画を展開する。4月1日からコラボパッケージを50万パック限定で販売するほか、4月10日~5月9日の期間にWeb限定のプレゼントキャンペーン…