日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

メニュー用調味料特集2018.05.23 11703号 06面

主力の中華、和風が回復 成熟、高止まり打破へリブランディング揃う

印刷
Facebook
2018.05.23 11703号 06面


 メニュー用調味料は、和洋中の定番・人気メニューが簡単にできるレシピ専用の合わせ調味料として長年支持されている。近年はエスニック、アジアンメニューが作れるシーズニングミックスが好評を博し、液体調味料の枠を超えて成長。肉や野菜といった生鮮食材がおいしく手軽に取れ、献立づくりを後押し。女性やシニアの社会進出を支えている。(高木義徳、西澤貴寛、福島厚子、吉岡勇樹)

 メニュー用調味料は醤油といった基礎調味料、つゆの素やオイスターソースなどの汎用(はんよう)商品と異なる専用品ならではの・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=味の素社 全面刷新と新商品好調(2018.05.23)

     味の素社は2月から「CookDo」を全面刷新し、以降2桁成長させて好スタートを切っている。包装とTVCMを新たにし、失敗しない簡単調理、高栄養、おいしさを躍動的に伝えている。30~40歳代の若年層を開拓する。新商品は主食提案する麺用…

  • 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 「麻婆豆腐」6期連続増(2018.05.23)

     丸美屋食品工業はトップブランドの「麻婆豆腐の素」売上げを今12月期も伸ばし、6期連続の増収で推移している。間断ない消費喚起が奏功している。アッパー商材の「贅を味わう」売上げも大幅増。「春雨」シリーズは値下げし、「おうち食堂」は煮物商…

  • 主要メーカー動向=キッコーマン食品 前期売上げ微増し回復(2018.05.23)

     キッコーマン食品は前3月期、「うちのごはん」の売上げを増やし、前年の苦戦から回復した。17年3月から嵐の松本潤をTVCMに起用し、家庭で作ったような自然でやさしい味わいという商品価値を伝えてきた。旬の野菜がおいしく食べられるとCMで…

  • 主要メーカー動向=永谷園 「春雨」「かに玉」が増収(2018.05.23)

     永谷園のメニュー用調味料は前3月期、主力の「麻婆春雨」「広東風かに玉」が共に増収し、安定成長を続けている。「春雨」は具材を加えて作る主菜、「かに玉」は副菜提案が分かりやすいと支持された。今期も夏の中華フェアなどで拡販し、定番商品の地…

  • 主要メーカー動向=Mizkan 「鶏てりやき」に潜在力(2018.05.23)

     Mizkanの「CUPCOOK(カップクック)」シリーズは、17年8月にキッチンで使い勝手の良いカップ容器とたっぷり入った玉ネギを特徴とした具入り合わせ調味料として「豚しょうが焼きのたれ」「鶏てりやきのたれ」「豚キムチ炒めのたれ」を…

  • 主要メーカー動向=カゴメ 「トマトソース」高成長(2018.05.23)

     カゴメは「基本のトマトソース」を全社の成長のけん引役に据え、今12月期も大幅増を続けている。彩り鮮やかな魚メニューが簡単にできる「トマトパッツァ」を紹介し、好評を博した。「トマトソース」の提案レシピとなるメニュー用調味料の販売も堅調…

  • 主要メーカー動向=マルコメ 発酵、大豆で健康訴求(2018.05.23)

     味噌のトップメーカーとして長年培ってきた発酵、大豆加工の技術を生かし、独自の健康訴求型アイテムを展開するマルコメ。「手軽さとヘルシーの両立、バリエーションの拡大で需要喚起を図っていく」(同社)

     15年春にスタートした「…

  • 主要メーカー動向=ハウス食品 シーズニング好調持続(2018.05.23)

     ハウス食品のシーズニングスパイスは昨年度も好調に推移した。発売以来好調な「にんにく族 アヒージョの素」をはじめ「豆苗炒め」など主力品に加え、新たに投入した1ランク上の「GABANシーズニング」が売上げ増に寄与した。

     シ…

  • 主要メーカー動向=エスビー食品 消費者との接点増やす(2018.05.23)

     エスビー食品のシーズニングスパイスは発売以降、伸長が続き17年度も好調な推移となった。シーズニングスパイスの一層の普及に向け、消費者への直接的な提案を行うことで新たな消費者の獲得を目指している。同社が8月2日に制定した「ハーブの日」…