日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

だしの素特集2018.08.10 11744号 09面

成熟市場、単価下げ止まり 味の素社の大型企画に期待

印刷
Facebook
2018.08.10 11744号 09面

 だしの素は軽量、安価でだしとりが簡単という価値を持ち、底堅い支持を得ている。市場は20世紀末まで拡大してきたが、以降20年にわたって漸減している。基礎調味料に定着しただけに人口減や家庭内調理の減少、和食以外への食の広がりが直撃。市場成熟は明らかだが、単価は下げ止まりつつあって好材料も見られる。だしブームが吹聴され、サブカテゴリーや周辺市場は活況。今期はトップメーカーの味の素社が、主用途である味噌汁に的を絞った大型企画を久しぶりに行う。通期・長期の施策に市場回復の期待がかかる・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=味の素社 味噌汁応援企画を始動(2018.08.10)

     味の素社は9月から「うちのみそ汁」応援プロジェクトを始め、味噌汁の調理促進を本格化する。栄養価値の高い「野菜みそ汁」専用サイトを開き、TVCMを11月から投下する。店頭で「地元応援みそ汁」を紹介し、購買と実用につなげる。売上げは市場…

  • 主要メーカー動向=シマヤ 炭火焼き使用「焼きあごだし」リニューアル(2018.08.10)

     【関西】シマヤは9月1日、「焼きあごだし」シリーズを炭火焼き製法に改良するほか、新たに「焼きあご白だし」「嶋屋治兵衛 炭火焼きあご天然だしパック」を上市し、焼きあごだし群の品揃え拡充する。同社はアゴだし市場シェア(17年4月~18年…

  • 主要メーカー動向=理研ビタミン 大容量が好調「素材力だし」(2018.08.10)

     理研ビタミンは2000年に「素材力だし」を発売以降、「本かつおだし」を中心に好調な推移を続けてきたが、前期は成長の踊り場にさしかかってきた状況となった。これまで、理研ビタミンの「素材力だし」はそのだし本来の味わいに加えて化学調味料と…

  • 主要メーカー動向=ヤマキ 好調な限定小箱 パック拡充(2018.08.10)

     ヤマキは20日から産地限定の顆粒40g小箱、だしパックを拡充して需要の伸びに応える。顆粒は小世帯化に合った「薩摩産鰹節と道南産昆布あわせだし」、パックは無添加の「鰹節屋のだしパック」20袋入りを発売する。だしの素は少量使い切りの付加…

  • 丸三食品 デザインにこだわった新提案 ティーバッグ中心に築いてきた根強い支持(2018.08.10)

     【九州】丸三食品は、創業60年以上の歴史を持つ福岡県のだしメーカー。ティーバッグの「ふりだし」は、50年以上のロングセラー商品だ。カツオをベースにタイやアゴ(トビウオ)など50種以上の魚を使用。ほかにも浅草海苔や椎茸などの原料を組み…