日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

釜めしの素特集2018.09.05 11758号 05面

2年連続大幅増 アッパー商材に勝機 記録的野菜高で安定需要

印刷
Facebook
2018.09.05 11758号 05面


 釜めしの素市場は前期、2年連続で大幅に伸び、海鮮メニューといったアッパー商材が商機を捉えた。記録的な野菜高による代替ニーズを得た。今上期は需要期でないものの、野菜価格が安定し、消費の上乗せは果たせなかった。ハイシーズンを迎える今秋、小容量といった次の成長策、従来なかったメニューなどがどこまで浸透するか期待される。(西澤貴寛、服部泰平、横山卓司、吉岡勇樹)

 釜めしは旬の食材が家族と一緒に味わえる、ごちそうメニューとして人気がある。釜めしの素は常温・長期保存が可能、具材とコメを・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 「鶏めしの素」など新商品が好スタート(2018.09.05)

     丸美屋食品工業の1~8月売上げは前年比微増に転じ、苦戦を脱した。トップメーカーとして原料高による価格改定を先導し、販促を充実。価値提案を果たした。需要期の秋商戦を前に「とり釜めしの素」など主力品販売の勢いを増す。季節限定品は大幅増を…

  • 主要メーカー動向=丸善食品工業 ボリューム感で季節需要狙う(2018.09.05)

     【長野】「『ごはん』へのこだわり」をブランドコンセプトに、自社NB「テーブルランド」(TBL)で米飯周りの商品をラインアップする丸善食品工業。

     シーズン展開する「炊き込みごはんの素」シリーズは、「鶏五目」「山菜」「きの…

  • 主要メーカー動向=江崎グリコ 具材彩り引き立つ炊き込み御膳(2018.09.05)

     【関西】江崎グリコは「炊き込み御膳」「特選炊き込み御膳」を7月31日にリニューアル。鯖節、むろあじ節、宗田鰹節、鰹節からとった香り豊かな別袋「黄金すましだし」で、風味をアップさせたのはもちろん、ご飯の色合いを薄くし、具材の彩りを引き…

  • 主要メーカー動向=ヤマモリ 期間限定のプレミアムな3品(2018.09.05)

     【中部】ヤマモリは、レトルト釜めしシリーズのプレミアムタイプ「期間限定 釜めしの素」(栗ごはん・松茸ごはん・牛めし)を19年2月までの期間限定で発売している。同シリーズは旬の食材やこだわりの食材を使用したアッパーラインの商品群で、3…