日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

トマト加工品特集2018.09.21 11766号 13面

付加価値、収益が改善 ジュースの勢いを追い風に

印刷
Facebook
2018.09.21 11766号 13面

 ケチャップや調理ソース、ホール缶などのトマト加工品は、付加価値と収益を徐々に高めている。原料になるトマトやペーストの世界需要は伸び続け、15年の改定を経てもコストは高止まり。国内消費は各市場で停滞が叫ばれて久しい。トマト加工品も事業継続を可能にする利益創出が急務だ。成功例はブームにとどまらない、成長を続けているトマトジュース。同じ加工品で飲料だけが支持されるのは解せない。健康志向の商品力を食品でもぜひ発揮させたい。(西澤貴寛、吉岡勇樹)

 ケチャップは200億円弱の市場規模を・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=ナガノトマト 「信州生まれのおいしいトマト」機能性表示に(2018.09.21)

     ●伊産有機トマトソース発売も

     ナガノトマトが長野県内で契約栽培する自社ブランドの加工用トマト「愛果(まなか)」を使ったトマトジュース、「信州生まれのおいしいトマト」(缶190g)が、3日から機能性表示食品になった。「新…

  • メーカー動向=カゴメ メニュー提案で好調(2018.09.21)

     ●「濃厚リコピン」など大幅増

     カゴメはナポリタンの調理提案を尽くし、ケチャップ売上げを過去最高に伸ばしている。レギュラー品は今期、前年比微減で推移しているが、「濃厚リコピントマトケチャップ」「基本のトマトソース」が高成…

  • メーカー動向=キッコーマン食品 「リコピンリッチ」成長続く(2018.09.21)

     ●「キレいい」刷新など

     キッコーマン食品は今期も「リコピンリッチ トマトケチャップ」を成長させ、目標に掲げる、高付加価値化と収益向上を続けている。2月から野菜量を増した「ベジタブルリッチ」を発売して好評。「リッチ」2品…

  • メーカー動向=丸善食品工業 ケチャップ、EDLP系で苦戦(2018.09.21)

     ●価格競争が激化

     自社ブランド・テーブルランド(TBL)で米飯周りアイテムのほか、ケチャップを展開する丸善食品工業。100円ショップやディスカウント系、ドラッグストアなどを主戦場に展開するが、大手の価格攻勢に苦戦が続き…