日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

鍋物調味料特集2018.10.12 11777号 08面

鍋つゆ、食シーンが拡大 今期も悪環境予想 健康価値の本領発揮

印刷
Facebook
2018.10.12 11777号 08面


 栄養バランスに優れ、温かな鍋物は、家族や友人と食卓を囲む冬の人気メニューだ。登場頻度は秋冬で月平均2~3回とみられ(Mizkan調べ)、最近では1人前や平日、春夏の通年へ食シーンを拡大している。今冬の気温予想は例年より高めか、平年並みが多く、昨年の厳冬から一転する見込み。野菜の不作・高騰は今年も続くと見られて悪条件が揃う。野菜とタンパク質が豊富に取れるメニュー価値の浸透、万人に好まれる味種の拡大といった、成功例はこれまで着実に積み重ねてきた。前期に引き続き、悪環境を感じさせ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事