日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

醤油特集2018.12.12 11807号 10面

業界全体に焦燥感 大容量品の減少が加速 人気の密封商品でもう一手

印刷
Facebook
2018.12.12 11807号 10面


 市場全体が焦燥感に駆られている。今年の出荷総量の減少幅が例年より大きい。業界・事業継続を果たす、商品価値、収益の向上が待ったなしの感を強めた。大幅な出荷減は天災の影響が色濃いが、消費の多くを頼ってきた、1Lなど大容量品の落ち込みが加速した。頼みの密封容器の成長率、輸出拡大も徐々に鈍化。全体の出荷減を補う、さらなる需要喚起の一手が求められている。(深瀬雅代、篠原里枝、横山卓司、吉岡勇樹)

 日本醤油協会と全国醤油工業協同組合連合会が集計した今年1~9月の醤油出荷量は、前年比1.・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事