理研ビタミン、上期は家庭用好調もコロナ禍響き減収

調味 決算 2020.11.30 12153号 04面

 理研ビタミンの今上期決算は、新型コロナウイルスの影響が各部門におよび、連結ベースで売上高が前年比8.6%減の379億6000万円となった。各利益は中国子会社のエビの加工販売の取引実存性の問題などにより、特別損失を計上したことや新型コロナウイルスの影響による輸入冷凍水産品の評価損の計上などで営業損失が4億9500万円、経常損失が5億6100万円、当期損失が28億5800万円となった。
 セグメント別に見ると、国内食品事業は前年比6.3%減の270億90

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら