種清、新中期3ヵ年計画の概要発表 6年後の売場を予想

卸・商社 ニュース 2019.07.12 11907号 02面
広瀬弘幸社長

広瀬弘幸社長

6年後のビスケット売場を予想し提案

6年後のビスケット売場を予想し提案

 【中部】種清は9、10の両日、恒例の見本市をポートメッセ名古屋で開催。広瀬弘幸社長から中期3ヵ年計画最終年度の前期決算や、今期からの新中期3ヵ年計画の概要が発表された。  19年3月期決算は減収増益。売上高は、新規開拓効果はあったものの流通再編の影響で前年比2.5%減の700億1000万円。  21年度を最終年度とする新中期計画は、環境変化を見据えた体質強化、グループ各事業の機能融合、パートナー企業や外部企業との協業、新たなビジネスモデル構築などを骨子とし、関東のハセガワ含

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら