太陽化学、難水溶性物質の製剤化など研究発表

 太陽化学は16~18日に富山国際会議場、富山市民プラザで開催された「日本薬剤学会第 34年会」において「難水溶性物質の製剤化とin vitro吸収性評価」についてポスター発表した。  同研究は難水溶性物質の経口吸収性に対する製剤化の効果を評価するため、簡便なin vitro評価系を構築することを目的とした。難水溶性物質の中でも非攪拌水層律速となり得る物質に対し、バイオアクセシビリティ(消化管内における吸収可能な可溶化状態の割合)は有効な評価指標になると仮定し、検討した。さら

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら