日本アクセス、経営方針説明会 攻めの戦略加速、利益率1%確保を目指す

卸・商社 ニュース 2019.06.10 11890号 03面
佐々木淳一社長

佐々木淳一社長

 日本アクセスは第7次中期経営計画2年目の今年、重点施策である四つの攻めの戦略を加速させる。今期売上高は当初より1000億円下方修正したが、経常利益率は計画に近い0.92%を確保。20年度の定量目標は修正せず、売上高2兆4000億円、経常利益240億円、利益率1%達成を目指す。5月31日に東京のホテルニューオータニで19年度「経営方針説明会」を開催し、佐々木淳一社長が今期の戦略骨子を仕入先など約420社560人へ説明した。  同社は中長期ビジョンとして規模・機能・収益ナンバー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら