20年度CVS、売上高33年ぶり下落 純増鈍化にコロナ打撃も JFA調べ

小売 統計・分析 2021.10.27 12314号 01面

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の20年度「フランチャイズチェーン統計調査」によると、コンビニエンスストア(CVS)の売上高は10兆7956億円、前年より5376億円も減少し、伸び率で4.7%減だった。
 マイナスだった1987年度以来、33年ぶりで前年割れ。新型コロナウイルスの感染拡大が集客に影響し、売上げに大きな打撃を与えた。
 CVSのチェーン数は17で前年と同じ、店舗数は5万7999店、純増数33店と鈍化したの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら