日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

フードコンサルティング 上場企業にモノ申す(45)海帆 地方でも、地味でも、居酒屋でも勝てる見本

2015.08.03 437号 13面

 昨年来、外食チェーンの上場が続いているが、最も新しい上場企業は今年4月に上場(東証マザーズ)を果たした名古屋の居酒屋チェーン「海帆(かいはん)」だ。

 都内には1店舗しかないこともあり全国的知名度は低いが、「なつかし処昭和食堂」「懐かし居酒屋えびすや」など、「昭和」をテーマとした懐かしい雰囲気をウリに、居酒屋を中心に11業態(76店舗)を展開している。

 創業は、2003年4月に1号店オープンと比較的最近であり、約12年での上場となったわけだが、実際にはそれよりも半世紀ほど前に・・・
[全文は電子版会員登録を]