外食レストラン新聞
Twitter
Facebook

外食経営に役立つブックレビュー

ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ

2016/11/07日付 453号14面

このエントリーをはてなブックマークに追加
印刷用 印刷用
ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ
ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ
渥美俊一・桜井多恵子 共著
実務教育出版 刊行
19cm/279ページ/1,800円(本体1,748円)※当時
1996年2月20日(初版第1刷)発行
他店を見学するということにどれだけの努力を払うべきか

ペガサスクラブの渥美俊一氏が亡くなって、もう6年になる。イオンやヨーカドーなど、日本を代表する多くの小売・外食企業に黎明期から大きな影響を与えた著名なコンサルタントだ。渥美氏は膨大な著書を遺しているが、本書は、現在のペガサスクラブを牽引する桜井多恵子氏と共著で出版されたもの。「ストア・コンパリゾン」、略して「ストコン」と言えば、流通サービス業に関わる人々なら誰もが知っている業界用語だが、この言葉を普及させたのも渥美氏ではないかと思う。

本書の副題にも「店舗見学」とあるが、「ストコン」とは、店舗経営の戦略策定のために他店を視察することを指す。だが、“コンパリゾン”とは、単に「見る」ことではなく「比較対照する」という意味だ。タイトルの通り、チェーンストアを目指す企業の管理職以上が、他店を視察する際のノウハウを体系的に記したものであり、表組みや図解はあるが写真は一切ない。ただひたすら、感情を抑えた密度の濃い文章が詰まった教科書とも言うべき書物だ。

「他店を視察する」というテーマだけで、300ページ近いテキストをまとめ上げることができるというのが、渥美氏が創設したペガサスクラブのすごさだろう。本書は小売業向けの内容のため、飲食店にとっては当てはまらない部分がかなり多いが、重要なのはその「細部まで観察する姿勢」だ。

「チェーンストアの実務原則」と名付けられたこのシリーズは、何度も改訂を繰り返しながら版を重ねている。本書も現在は2007年に発行された「新訂版」が発売になっているが、図書館などで一読されることをお薦めする。

(藩田伊庵)

この本を購入する

ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ
ストア・コンパリゾン 店舗見学のコツ
渥美俊一・桜井多恵子 共著 実務教育出版 刊行
19cm/279ページ/1,800円(本体1,748円)※当時
1996年2月20日(初版第1刷)発行
日本食糧新聞電子版のお申込み日本食糧新聞購読のお申込み

2014年以前の記事検索

売れるメニューのヒント
二つ折りにしたサーモンで大海原を表現「サーモン親子弁当」
うめぇ堂
二つ折りにしたサーモンで大海原を表現「サーモン親子弁当」
外食経営に役立つブックレビュー
これってなんていう?大事典619 知ってそうで知らないモノの名前テンコ盛り!
これってなんていう?大事典619 知ってそうで知らないモノの名前テンコ盛り!
モノの名前を極める会 著
会話のきっかけをつかむためには当たり障りのない雑学知識が必要だ!
連載

[連載一覧へ]

ふれあいクッキング

POSデータ販売