外食レストラン新聞
Twitter
Facebook

この商品に注目!:四国日清食品「四角いロースカツ(三元豚)」 「カツサンド」づくりの即戦力

この商品に注目!:四国日清食品「四角いロースカツ(三元豚)」 「カツサンド」づくりの即戦力

2016/12/05日付 454号07面

このエントリーをはてなブックマークに追加
印刷用 印刷用
規格=100g×24個 120g×24個
規格=100g×24個 120g×24個
カツサンド
カツサンド

食パンのサイズにぴったり! ボリューム抜群、端材ロスなし

四国日清食品の「四角いロースカツ(三元豚)」は、食パンのサイズに合わせたカツサンド用のロースカツだ。原料には豚肉本来のうま味が味わえる三元豚の一枚肉を使用、プレス加工で四角く加工している。

カツの厚みは120gで約12mm、100gで約9mmとボリューム感抜群だ。冷めると硬くなる脂身はカットしてあるため食感が軟らか、四角く加工してあるため断面が均一で見栄えが良い。また、端材ロスもない。パン粉はメッシュ16mmの焙煎白パン粉を使用していて、豚カツソースとのなじみが良く、パンのもっちり感、衣のサクミ、三元豚の食感が引き立つなどまさにカツサンドのために生まれた製品だ。

また、三元豚のロースを1週間、低温庫で熟成させ、三元豚のうま味をさらに引き出した「四角い熟成三元豚ロースカツ」もラインアップされている。

カツサンドは、価格も量も手頃でワンハンドで食べられるため軽食・弁当といろいろなシーンで食べられる人気メニューだ。また調理バリエーションも豊富で、外食・中食・テイクアウトなどさまざまな業態で提供でき、付加価値もつけやすい。「カツサンド」は「勝つ」につながる縁起もの。受験、スポーツの応援などオリジナルカツサンド開発を考えている方にとってボリューム抜群、見栄えが良く、端材ロスもない「四角いロースカツ(三元豚)」はぜひ知っておきたい即戦力商品だ。

日本食糧新聞電子版のお申込み日本食糧新聞購読のお申込み

2014年以前の記事検索

売れるメニューのヒント
梅雨時期に最適のマッチング「梅しそづくしのお弁当」
リトルシェフ
梅雨時期に最適のマッチング「梅しそづくしのお弁当」
外食経営に役立つブックレビュー
チェーン・オペレーション・バイブル
チェーン・オペレーション・バイブル
村上忍 著
ブラック体質と呼ばれる外食のオペレーション構造を改善するために
連載

[連載一覧へ]

ふれあいクッキング

POSデータ販売