日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ホクレン、緑友会新年交礼会で常務語る ホクレン100周年で至誠精神など原点に

小売 セミナー・催し物 2019.02.01 11830号 05面

箱石文祥ホクレン常務
箱石文祥ホクレン常務

村上和吉緑友会会長
村上和吉緑友会会長

 【北海道】Aコープチェーン北海道の「平成31年緑友会新年交礼会」が1月25日、札幌市内ホテルで開かれ、箱石文祥ホクレン常務がホクレン創立100周年の今年、二宮尊徳の四つの教えである「至誠」「勤労」「分度」「推譲」が協同組合のベースにあることをあらためて確認し「101年目以降もこれを原点に仕事に取り組みたい」との考えを披歴した。

 箱石常務は「今年ホクレンは創立100周年を迎える。創立当初から生産者、JAの皆さんが苦労して何度か経営危機も乗り越えてきたが、常に精神的な支えで協同・・・
[全文は電子版会員登録を]