食品POSデータ

食品POSデータ

スーパーで販売されている食品のPOSデータに関するニュースや情報をお届けします。記者によるデータ分析や各カテゴリーの売上げランキング情報をぜひご活用ください。※日本食糧新聞社はKSP-POSの販売代理店です。データ購入についての詳細はページ下部をご覧ください。

食品POSデータ分析記事

輸入洋酒特集:プレミアム化進む 強まる品質志向

海外産の高級スピリッツが好調だ。消費者の嗜好(しこう)の多様化に伴い、ウイスキーやジン、テキーラの高級品が人気を集める。強まる品質志向を背景に、輸入スピリッツのプレミアム化が加速している。輸入ウイスキーの課税移出数量を見ると、拡大傾向が続いており、23年は3万3000klと14年比で約2倍に成長した。輸入洋酒市場(ワインを除く)は、円安進行に対する懸念が強まるものの、24年も拡大が続きそうだ。続きを読む

ふりかけ・お茶漬け特集:ふりかけ=好調 直詰め大袋、混ぜご飯の素2桁成長に

ふりかけ市場は23年度、前年比8%増の400億円で着地し、コロナ禍から一気に回復し、最高記録も臨めるまで増大した。物価高の経済不安で相対的に安価なご飯食が進み、ふりかけの食欲増進、おかずも減らせる徳用感が支持された。続きを読む

茶系飲料特集:選ばれる価値・理由で差別化 激戦乗り越え、さらなる成長へ

各社の主力ブランドが顔を揃える茶系飲料市場では激戦が続く。特に今年は、最大規模を誇る「緑茶飲料」カテゴリーを代表するブランドのアニバーサリーイヤーや大型刷新が重なり、激しさは増すばかりだ。一方で、物価の高騰による消費者の生活防衛意識は高まり、消費の二極化や三極化も進む。続きを読む

新商品POSランキング

菓子(2024年4月)

1位:2024プロ野球チップス 22g〈カルビー〉
2位:ミルクレープ(バラ)〈山崎製パン〉
3位:堅あげポテト塩わさび味 60g〈カルビー〉
4位:ポテトチップスザ厚切りのためのうすしお味 55g〈カルビー〉
5位:カスタードケーキキャラメル&生クリーム 6個〈ロッテ〉

6位から20位はこちら

酒類(2024年4月)

1位:ほろよい ゴールデンサワー 缶 350ml〈サントリー〉
2位:贅沢搾りプレミアムライチ期間限定 缶 350ml〈アサヒビール〉
3位:ヱビス ジューシーエール 350ml〈サッポロビール〉
4位:ザプレミアムモルツ そよ風エール 缶 350ml〈サントリー〉
5位:ザプレミアムモルツ そよ風エール 350ml×6〈サントリー〉

6位から20位はこちら

麺類(2024年4月)

1位:カップヌードル 和風魚介ぶしカレー 80g〈日清食品〉
2位:日清のどん兵衛 肉うどん 86g〈日清食品〉
3位:日清のどん兵衛 琉球そば 79g〈日清食品〉
4位:日清焼そばUFO ほりにし 105g〈日清食品〉
5位:カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ 96g〈日清食品〉

6位から20位はこちら

POSデータとは

POSは「Point of sales」の略であり「販売時点」を意味し、販売実績の指標となる。商品に付番された13桁または8桁のGTIN(JANコード)を表すJANシンボル(バーコード)を精算時にスキャニングすることで取得した顧客の消費行動をデータ化し、多様化する顧客のニーズを把握できる。

POSデータには、どの商品が、いつ、どこで、どのくらいの量が、いくらで購入されたかといった情報が時系列でわかる。これらの情報でカテゴリーごとの購買分析ができる。売れ筋商品や、逆にそれほど売れない商品が把握できるため、売上げ向上とコスト削減を図れたり、商品が売れやすい時期も分かるのでキャンペーンもベストなタイミングで打てる。

さらに売れている商品の組み合わせも分かるのでセット販売もしやすくなるなど、蓄積したPOSデータを分析することで、販売戦略・営業戦略にも役立つため、POSデータは企業が成長していくための重要なデータとなる。

POSデータに含まれる情報の種類

  • 商品が購入された個数
  • 購入された商品名
  • 購入された商品の価格 など

POSデータからわかることの具体的事例

  • 市場における自社製品のシェアはどのくらいか
  • 競合商品はどれだけ売れているか
  • 需給バランスは適正?生産調整すべきか
  • 販売目標はどれくらいに設定するべきか
  • 新商品開発にあたって、将来性のある分野や機能
  • プロモーションの実売効果

KSP-POSデータ販売

日本食糧新聞社は(株)KSP-SPの「KSP-POS」の販売代理店をしています。

 KSP-POSとは

KSP-POSデータの出所
(株)KSP-SPが独自に収集した計150チェーン・約1,060店舗のPOSデータを基に提供している市場POSデータのデータベースです。 (2023年7月現在)

地区区分(全国+下記の10エリア)
北海道、東北、北関東、首都圏、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州

【購入プラン1】1年以上のご契約

KSPワイド(Webでのご提供)】

  • KSPワイド 食品スーパー <月額10万円>:全国食品スーパーマーケット、全カテゴリーの週次、月次POSデータを提供
  • KSPワイド 食品スーパー エリアフォーカス <月額5万円>:全国食品スーパーマーケットの全国と1地区(カスタマイズ設定可能)の食品全カテゴリーの週次、月次POSデータを提供

【日本食糧新聞社でご契約の特典】

  • 日本食糧新聞(法人用電子版5ユーザー)半年間無料サービス
  • FABEX&デザート・スイーツ&ドリンク展東京・中部・関西)無料ご招待
  • 毎月開催の新製品研究会WEBセミナーへの無料ご招待 <各セミナー2名様・年3回まで>

セミナー事例:食品ヒット大賞受賞記念セミナー【アサヒビール/一蘭 事例研究】

【購入プラン2】単発データ購入

PDFファイルでのご提供
(株)KSP-SPのKSP-POSを日本食糧新聞社が加工したものをPDFファイル(2次加工不可・印刷のみ可)にて、1カテゴリー 5500円(税込)にてご提供致します。単月・ご希望期間累計(直近3年分まで)の2種類をご用意しております。

単月サンプル
期間累計サンプル

お問い合わせ・お申込み

日本食糧新聞社 新製品事業部
TEL.03-3537-1309