日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ハウス食品グループ本社、売上げ3000億円射程圏内 今期中計2年目、目標前倒しへ(2016.05.25)

 ハウス食品グループ本社が、売上げ3000億円を射程圏内に捉えた。前3月期、海外事業の伸長とグループ力強化で増収増益を果たすと、今期は中計2年目にして目標数値を前倒しで到達する見込み。予想ベースでは2890億円だが、現在準備中のギャバンの子会社が実現すれば、大台の可能性が浮上する。国内事業環境は依然厳しいが、中国・浙江に同国内3ヵ所目の拠点を設立するなど領域拡大も図る方針だ。

 同社の前期連結業績は、売上高2418億9300万円(4.5%増)、営業利益107億7500万円(24...続きを読む

ニュース

特集加工わさび特集

家庭用でも肉類へのわさび使用メニュー提案が活発化している

新提案など結実、堅調推移続く(2016.05.25)

 これまで加工わさび業界は、特に業務用で原材料高に苦しんできた。このため各社は昨春に価格改定を実施。以降1年間を経て、ようやくその効果が実を結びつつある。一方で… 続きを読む

注目の新製品