日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

コープ東北、新店・活性化を強化 郡山市への出店検討(2018.10.22)

宮本弘理事長

 【東北】コープ東北が出店・活性化に力を入れる。上期業績は6県の加盟9生協で供給高1190億6100万円、前年比0.9%増だったが、生協共立社(山形)、コープふくしま、福島県南生協で前期実績を割っている。このため、新店、老朽店舗の改装に取り組み、競争力を強化する。

 みやぎ生協の前期新店は、昨年9月オープンした仙台市の錦町店のみ。今期は11月下旬にBRANCH仙台店、またAコープ東北と共同の店舗A&COOP角田店が10月19日オープンしている。改装は7月に愛子店を休業なしで行い...続きを読む

ニュース

特集からし特集

エスビー食品が提案する「さばのリエット」

家庭用伸び悩むも業務用は堅調 18年産原料作付け例年並み(2018.10.22)

 この1年間のからし市場は家庭用が練りからし、洋風マスタードなどが伸び悩んだ。一方で業務用は納豆市場の拡大で、各メーカーは堅調な推移を続けている。家庭用ではこれ… 続きを読む

注目の新製品