日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素グループ、ICT・自動化活用 目指すは受注生産(2017.12.11)

味の素社川崎事業所にある味の素パッケージング関東包装工場では、箱詰めロボットによって中装(ボール)詰めされた製品を外装の段ボールに詰める工程を自動化した(提供写真)

 味の素グループは、味の素社川崎事業所(川崎市川崎区鈴木町1-1)でR&D(研究開発)拠点の集約、オープン&リンクイノベーション推進拠点の新設、調味料・加工食品の製造・包装の集約・再編を進めているが、目指すところは将来のICT(情報通信技術)の活用を通じた無駄のない精緻な受注生産の構築にある。味の素社の香田隆之執行役員生産戦略部長がICTやIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などがもたらすとされるインダストリー4.0(第4次産業革命)に対する味の素グループの考え方...続きを読む

ニュース

特集チーズ特集

順調に消費拡大 機能訴求と用途多様化で市場成長(2017.12.11)

 17年度上期(4~9月)のチーズ業界は、おつまみなどの直接消費用途だけでなく健康機能も再認識され、金額・数量とも前年比5%超増で推移している。うち、家庭用市場… 続きを読む

注目の新製品