日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

17年国内生産量、レトルト過去最高 原料難で水産缶減 日本缶詰びん詰レトルト食品協会調べ(2018.06.25)

 17年(1~12月)の缶詰・瓶詰・レトルト食品の国内生産量を20日、日本缶詰びん詰レトルト食品協会が発表した。それによると、缶詰はスーパー売場を主体とする丸缶(飲料除く、以下同)が前年比2.8%減21万4635tだった。瓶詰は0.3%減6万1855t。レトルト食品は2.8%増37万4597tと過去最高を更新した。けん引したのはカレーで、同じく過去最高となった。(本宮康博)

 レトルト食品の国内生産量は14年の36万7647tを上回って最高を記録。うちカレーは2%増15万624...続きを読む

ニュース

特集冷凍食品特集

ほぼ定着したリーチインケースとEDLP

成長軌道から調整 利益体質の強化急務に(2018.06.25)

 冷凍食品業界は18年の折り返しを迎え、前期までの成長軌道から若干の調整局面も見え隠れしている。特に利益環境は前年下期以降はっきりと潮目が変わった。原材料・資材… 続きを読む

注目の新製品