日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

みたけ食品工業、新社屋が完成 働き方改革を体現(2019.03.20)

地上3階建ての新社屋は1階に商談スペース、2階に事務所、3階にキッチンスタジオを備える

 みたけ食品工業は、昨年来建設を進めていた本社社屋がこのほど完成し、2月12日から業務を開始している。社員が固定席を持たない「フリーアドレス」の導入や、就業時間後の交流スペースを設けるなど、既成概念にとらわれないユニークなオフィスが誕生した。

 同社は米粉、ごま、きな粉、漬材、麦茶など、穀物天然素材を原料とした製品を扱うが、近年の健康志向の高まりで、いずれも販売量が伸びている。前期業績は過去最高を更新。グループ売上高100億円も射程圏内に入ってきた。今年3月、ネイチャービーイン...続きを読む

ニュース

特集シリアル食品特集

18年下期以降復調の兆し 19年新商品、新提案活発化(2019.03.20)

 2018年の国内シリアル市場は、前年並みで推移したもよう。グラノーラの爆発的な急拡大にけん引された市場も17年には踊り場に入り、18年上期もこの流れを食い止め… 続きを読む

注目の新製品