日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

容器包装3Rさらに進展 3R推進団体連絡会、自主行動計画2020の17年フォローアップ(2018.12.14)

池田三知子日本経団連環境エネルギー本部長

 事業者の自主的取組みで容器包装の3R(リデュース、リユース、リサイクル)がさらに進展したことが、容器包装の3Rを推進する8団体で構成する3R推進団体連絡会(ガラスびん3R推進協議会、PETボトルリサイクル推進協議会、紙製容器包装リサイクル推進協議会、プラスチック容器包装リサイクル推進協議会、スチール缶リサイクル協会、アルミ缶リサイクル協会、飲料用紙容器リサイクル協議会、段ボールリサイクル協議会)がまとめた自主行動計画2020(16~20年度)の17年度フォローアップで明らか...続きを読む

ニュース

特集緑茶特集

業界一丸で茶葉需要の回復に注力(2018.12.14)

 お茶需要のシーズンインだが、茶葉需要は一向にさえない。ドリンクは市場を形成、家庭で急須を使用してのお茶を入れることが少なくなった。冬でも冷たいドリンクを飲む飲… 続きを読む

注目の新製品