日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キユーピー、酢酸菌酵素の大量生産を世界で初めて確立(2016.07.29)

三宅峰三郎社長

 世界初となる「酢酸菌酵素」の大量生産化を、キユーピーが確立した。酢酸菌はマヨネーズなどでも使用される酢の醸造工程で産出されるもので、独自製法技術の開発によって実現。26日、同技術を活用したサプリメントを商品化し、同社初参入となる“飲む人向け”製品として展開することを発表した。

 大量生産化はマヨネーズやドレッシングなど向けの酢を製造するキユーピー醸造の強みを背景とするもので、グループ力の結集によって実現。活用サプリメントは、新規ビジネスの開拓を目指す社内公募制度「トライ!キユ...続きを読む

ニュース

特集頑張る中小飲料メーカー特集

中小企業の財産でもあり、日本の夏の風物詩でもある地サイダー&地ラムネ

独自の強み生かし活路、魅力ある商品提案(2016.07.29)

 中小飲料メーカーを取り巻く環境は決して、楽ではない。だが、各社それぞれの特徴や魅力に加え、小ロット・多品種の製造を得意とする中小飲料メーカーの技術力や商品提案… 続きを読む

注目の新製品