日本食糧新聞・動画版

日本食糧新聞・動画版

日本食糧新聞記者が業界の最新動向を解説【That’s番記者】

乾物担当・三井伶子記者

■関連記事

いりぬか・ぬか漬けの素特集

菓子担当・青柳英明記者

■関連記事

シリアル食品特集


世界の食品CM

BTS・大坂なおみ…米国でも人気にあやかり話題性アップ【世界の食品CM】

いま米国内で放映され注目を集めているフード関連のCMを2つ紹介する。大人気の著名人とコラボしてYou TubeなどWebでも話題が広がった仕掛けや、CMを通して訴えるメッセージにも注目したい。続きを読む

外食レストラン新聞連動動画

メニュートレンド:はみ出たお焦げカリカリ 羽根つき焼きおにぎり

「焼きおにぎり」を好む消費者は多いものの、看板商品にしたり独自商品を打ち出すような飲食店はほとんど皆無。そんな空白市場にビジュアルとバリエーションの両面でオリジナリティーを強力にアピールする「羽根つき焼きおにぎり」を開発したのが、東京・入谷の「羽根つき焼きおにぎり専門店&LABAR gao」だ。続きを読む

食品ニュース関連動画

農林水産省・組織再編

農林水産省の食品産業政策が7月1日付の組織再編によって転機を迎えた。11年9月に発足し、それまで中枢を担った食料産業局を廃止。その心臓部を大臣官房の下の「新事業・食品産業部」へと移行した。「局」から「部」への再編によって食品産業政策の後退を不安視する声もある一方、省のかじ取り役でもある大臣官房に設置されることに、期待感を示す声もある。食品産業政策はどう変わるのか。続きを読む

2021年の国内食品販売額予想

日本食糧新聞社・日食動向調査室は、わが国食品産業の規模を示す2020年の国内飲食料最終消費額を推定し21年を予想するに当たって、「食の統計」(※「日本食糧新聞」または「日本食糧新聞・電子版」の「紙面ビューアー」に毎月中旬に掲載)の(1)飲食店の販売額(2)スーパー(総合スーパー、食品スーパー)の飲食料品販売額(3)コンビニエンスストア(CVS)のファストフード(FF)・日配食品販売額(4)CVSの加工食品販売額(5)持ち帰り・配達・飲食サービス業の販売額(6)ドラッグストア(DgS)の食品販売額(7)DgSの健康食品販売額(8)百貨店の飲食料品販売額――のほか、経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」の「食品、飲料、酒類市場規模」を(9)ECの食品・飲料・酒類販売額――として(1)~(9)の合計から国内食品販売額をまとめた。続きを読む

Made with Flourish

日本食糧新聞公式You Tubeチャンネル