【1分動画解説!食品業界キーワード】ロカボ

ロカボとは「緩やかな糖質制限」という概念で、食・楽・健康協会は、糖尿病につながる食後高血糖の注意喚起などを目的に「おいしく楽しく適正糖質」を推奨している。外出自粛やテレワークの常態化によりコロナ太りが社会問題となるなか、低糖質(糖質オフ)食品への関心が高まっている。

大手コンビニや食品メーカーは次々と商品をラインアップ。2019年以降、急速に市場は拡大している。単なる低糖質にとどまらず、タンパク質や食物繊維も盛り込み、栄養バランスの優れた商品も数多く登場。麺などの主食系も種類が豊富になっている。

外食チェーン各社も低糖質メニューを相次いで展開している。串カツ田中ホールディングス(HD)は、串カツ全商品を従来のものより糖質40%オフの衣にリニューアル。パスタ専門店「ジョリーパスタ」では、糖質50%オフ麺を使用した低糖質パスタが登場した。うどんブランド「つるとんたん」では、関東エリアの店舗を中心に「ロカボうどん」を提供。美味しさ、食感、香りはそのままに、糖質が60%もオフされているのが特徴だ。

■関連記事
◆低糖質商品特集:糖質抑え、タンパク質や食物繊維プラス 商品ラインアップ充実
低糖質商品特集:外食産業動向 低糖質メニュー相次ぐ
低糖質商品特集:食・楽・健康協会 「ロカボプラス」マーク作成
外食MENU最前線:つるとんたん 糖質60%オフのロカボうどんが人気
糖質最前線バランス食特集:全米販・木村良理事長 糖質控えに病気リスクの可能性