日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

コープさっぽろ、フードバンク事業スタート 児童養護施設と連携

小売 ニュース 2016.04.29 11347号 03面

大見英明理事長(左)と高橋一彦会長
大見英明理事長(左)と高橋一彦会長

 【北海道】コープさっぽろは25日、本部会議室で児童養護施設を対象にしたフードバンク事業「おすそわけ便 トドックフードバンク」をスタートすると発表した。5月5日から道内23ヵ所の児童養護施設と連携して、週1回、宅配トドックでのキャンセル品や一部破損しただけの品質に問題ない食品を無償提供する。当面、常温食品、冷凍食品のみだが、いずれ生鮮品、日配品の可能性も探っていく考え。

 「おすそわけ便 トドックフードバンク」事業は、現状、受発注ミスなどで返品される食品のロス問題の有効活用と、・・・
[全文は電子版会員登録を]