イタリア大使館、食品の対日輸出額増 「FOODEX」海外ゾーンで最大規模

総合 ニュース 2019.03.20 11851号 06面
ジョルジョ・スタラーチェ駐日大使

ジョルジョ・スタラーチェ駐日大使

 イタリア大使館は5日、千葉・幕張メッセでイタリア食品の輸入概況と「FOODEX JAPAN2019」イタリア館の展示内容を紹介した。  ジョルジョ・スタラーチェ駐日大使は、イタリア食品の対日輸出額は1091億円(前年比3.1%増)で、特にトマト加工品(同3.4%増)、チーズ(同3.4%増)が強い伸びを示した。2月に発効した日欧EPAには大きく期待していると述べた。  イタリア貿易促進機構のカルロ・フェッロ会長は、今回FOODEXに出展したイタリア展示小間(イタリア館)は海外

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら