太陽化学、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果を検証

総合 ニュース 2019.04.19 11866号 06面

 太陽化学はこのほど、奈良女子大学と共同で日本農芸化学会2019年度大会で、身体的疲労の軽減や回復に対して「モリンガ種子抽出物」が有用な可能性があると発表した。現在は動物組織中でのPPAR活性化への影響を検討中で、今後はヒトでの有効性も検討していく予定。  3月27日に東京農業大学世田谷キャンパスで開催された日本農芸化学会において、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果の検証について研究者が発表した。  モリンガはインド北西部のヒマラヤ山脈南麓を原産とし、熱帯・亜熱帯地域で広く栽培さ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら