日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:ニチレイ・大櫛顕也社長 100年続く企業へ強固な収益基盤構築

冷凍・チルド インタビュー 2019.04.12 11861号 01面


 今期、営業利益300億円への到達を視野に入れるニチレイ。グループの冷凍食品(ニチレイフーズ)と低温物流(ニチレイロジグループ)の2大事業がここ数年、急速に成長して収益拡大をけん引してきた。ニチレイのかじ取り役を6年間務めた大谷邦夫社長に代わり、ニチレイフーズ社長を務めてきた大櫛顕也氏が4月1日付で就任。持続的利益成長による「100年続く企業」を掲げる。

 大櫛氏はわずか2年間のフーズ社長を経ての就任打診は「大きな驚きだった」と明かしつつ、「05年の持ち株会社体制移行後、14年・・・
[全文は電子版会員登録を]