日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新進、グループ改善経過報告会開く 減耗費削減や製造原価低減 無駄排除で経営基盤の強化を

農産加工 セミナー・催し物 2018.04.16 11689号 03面

籠島正雄社長(左端)と最優秀賞に決まった総社工場加工食品グループ
籠島正雄社長(左端)と最優秀賞に決まった総社工場加工食品グループ

 新進は9日、「第16回新進グループ改善経過報告会」を開催した。五つのグループが18年3月(17年度)まで減耗費削減、製造原価低減などそれぞれのテーマに取り組み、その経過や改善効果金額を発表した。役員が改善効果を採点した結果、「(ミクロペーストの)1kg充填包装ラインの生産性向上及び作業改善」と「製造原価低減及び労働災害の防止」のテーマに取り組んだ総社工場加工食品グループが最優秀賞となった。

 1981年からトヨタ生産方式を土台にあらゆる無駄を排除し、経営効率の向上を図ることを・・・
[全文は電子版会員登録を]