日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

伊藤園、神戸工場稼働 茶葉仕上げ加工知見の集大成

飲料 新設・移転 2016.12.09 11453号 03面

最新鋭の生産技術を凝縮した神戸工場
最新鋭の生産技術を凝縮した神戸工場

設備の説明を行う大畑克弘神戸工場所長
設備の説明を行う大畑克弘神戸工場所長

 伊藤園は、緑茶飲料用などの原料茶葉を仕上げ加工する新工場「伊藤園神戸工場」を兵庫県の神戸テクノ・ロジスティックパーク内に新設し、9月から稼働を開始している。これまで、同社の静岡相良工場に集約していた茶葉の加工を神戸工場でも行うことで、生産能力を高めながら、主に岐阜県以西の飲料工場への出荷を担っていく。加えて、相良工場で培ってきた茶葉の仕上げ加工技術の改善などの知見を最大限に活用した、最新鋭の生産技術を同工場は凝縮しており、まさに「茶葉仕上げ加工の知見の集大成」となる。

 現在・・・
[全文は電子版会員登録を]