日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キリンビバレッジ、「午後の紅茶」で紅茶派掘り起こし 休息のひととき提案

飲料 ニュース 2019.03.18 11850号 03面

左から加藤麻里子部長代理、新木優子、深田恭子、リリー・フランキー
左から加藤麻里子部長代理、新木優子、深田恭子、リリー・フランキー

 キリンビバレッジが展開する「キリン 午後の紅茶」ブランドは、紅茶のおいしさや価値を訴求し、新たな紅茶文化の創造を目指す。忙しい日々に「休息のひととき」をもたらし、心身のコンディションを整えるなど、いまの時代を生きる人たちが、無理をせず、「自分らしく」いられることこそが、「午後の紅茶」の「休息」の考え方とし、全世代に休息のひとときを提案し、「紅茶派」を掘り起こすことで、さらなる成長拡大を目指す。

 各世代への提案の中で、26日から新発売する「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ・・・
[全文は電子版会員登録を]