日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カリフォルニアいちじく協会、セミナー開催 汎用性の高さPR

農産加工 セミナー・催し物 2018.12.19 11810号 06面

用意された和・洋のマッチング食材
用意された和・洋のマッチング食材

 カリフォルニアいちじく協会は11月28日、東京都渋谷区のパティナステラに業界関者およびメディアを招待し「2019カリフォルニアいちじくセミナー&懇親会」を開催した。

 来日した同協会の最高経営責任者のカーラ・ストックリ氏は、「世界中でイチジクが熱い。イチジクの持つ機能性や健康面でのメリットが功を奏し、2018年のフレーバー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。日本の食材とも相性が良く、汎用(はんよう)性が高い」と紹介した。また、マーケティングディレクターのクリス・カプート氏は、「カリフ・・・
[全文は電子版会員登録を]