日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

近畿米粉食品普及推進協議会、米粉まつり開催 災害への備えで講演

農産加工 セミナー・催し物 2017.08.09 11572号 06面

基調講演する片田敏孝東京大学大学院情報学環特任教授
基調講演する片田敏孝東京大学大学院情報学環特任教授

 【関西】近畿米粉食品普及推進協議会は7月22日、大阪市西区の「大阪ガスハグミュージアム」で、「米粉まつり2017」を開催した。「災害への備え~米粉、災害時の活用術」をテーマに、講演や料理講習会を実施。関連産業や行政、生産者ほか、米粉ファンの主婦や学生も含め約150人が参加。熱心に情報収集した。後援は近畿農政局や大阪府、京都府など。

 同局の石場裕生産部長は「毎年、米粉用米利用量は2万t程度にとどまり、製粉・加工技術は進化したものの、なかなか普及が進まない。3月に出された、米粉・・・
[全文は電子版会員登録を]