日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

環境機器、セミナー開催 最新の貯穀害虫防除技術を紹介

機械・資材・IT セミナー・催し物 2018.03.14 11673号 05面

 害虫駆除用機材や殺虫剤、異物混入対策商品を扱う専門コンサルティング商社の環境機器は4月9日(大阪)と同10日(名古屋)、同11日(東京)に、主に食品事業者の品質担当者を対象に「最新の貯穀害虫防除技術~フェロモントラップと交信攪乱資材の活用~」と題したセミナーを開く。参加は無料だが、事前の申し込みが必要。

 同セミナーでは、米国の研究者や防除資材メーカーの代表を招き、米国でのノシメマダラメイガやタバコシバンムシの交信攪乱施工の実施例、効果的なモニタリング方法の研究成果、またフェ・・・
[全文は電子版会員登録を]