日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マックスバリュ東海とマックスバリュ中部が新会社 売上げ5000億円へ 本社は浜松

小売 ニュース 2019.04.12 11861号 02面

MV中部・鈴木芳知社長(左)とMV東海・神尾啓治社長
MV中部・鈴木芳知社長(左)とMV東海・神尾啓治社長

 9月1日に経営統合するマックスバリュ東海とマックスバリュ中部の新会社は「マックスバリュ東海」に決まった。本社は静岡県浜松市。2026年度には120店増の350店舗体制とし連結営業収益5000億円、同営業利益200億円、営業利益率4%を目指す。展開エリアを分け、4事業部制とすることで迅速な意思決定を可能にする。社名は主たる出店地域を表す「東海」とし、営業・管理・移動面で効率的かつ展開エリアの中心である浜松を本社とした。

 10日の記者会見で、統合後の抱負をマックスバリュ中部・鈴・・・
[全文は電子版会員登録を]