日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

真誠、16年12月期は営業利益4期ぶり黒字転換

農産加工 決算 2017.03.10 11496号 03面

 【中部】真誠の16年12月期連結決算は、売上高は、主力の家庭用ごま事業は1%減にとどめたものの、その他の原料販売やOEM事業が厳しく全体では前年比9.4%減の86億0400万円。利益面は、特にここ数年はごま原料高騰で厳しかったが、昨年から少しずつ値上げも浸透し、4期ぶりに営業利益が黒字転換。それでも全体的な売上げ減が響き、経常利益は14.6%減の1800万円と減収減益。

 単体売上高は、9.3%減の85億7600万円。特に昨秋の天候不順による野菜高騰で、10月以降が特に厳しか・・・
[全文は電子版会員登録を]