日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

段ボール原紙、11月から値上げ 古紙・燃料費など高騰

機械・資材・IT ニュース 2018.10.19 11780号 01面

 段ボールのもとになる段ボール原紙の価格改定が相次いでいる。レンゴーや王子グループの王子コンテナーと王子マテリア、大王製紙などは11月1日出荷分からの値上げを表明。日本製紙グループも同21日からの価格改定を発表した。主原料である段ボール古紙の高騰と、製造に必要な燃料・物流費の上昇が主な要因。インターネット通販の拡大で国内における段ボール消費量は増えているが、原紙生産を取り巻く環境は急速に悪化している。(涌井実)

 レンゴーは段ボール原紙1kg当たり8円以上値上げする。古紙の高騰・・・
[全文は電子版会員登録を]